残業代が支払われない所謂サービス残業が横行していますよね。

残業代と呼ばれる時間外労働については、会社が勝手に決められるものではなく、労働法によって厳密に割増額まで定められています。

それでも労働法を無視してサービス残業をさせる会社に対して、未払い残業代は請求すべきなのでしょうか?

ここでは人事歴9年の筆者が残業代未払い問題について徹底解説いたします。

失敗しない方法までお伝えしますのでぜひ参考にしてください。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「辞めるんです」・・・24時間対応で即日辞めたい人におすすめ。退職率100%&7,000件実績があり、後払いにも対応している。27,000円(税込)

  2. 「退職代行Jobs」・・・弁護士よりも安価に、かつ未払い給与の請求や有給消化も交渉して欲しい人におすすめ。退職完了まで期間無制限でフォローしてくれる。27,000円+2,000円(※労働組合費)

  3. 「弁護士法人みやび」・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求までサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金

残業代未払いの遅延損害金は高額

残業代が未払いの場合、回収できるだけでもまとまった資金が戻ってきますが、実は未払い残業代には遅延損害金を請求できる場合があります。

弁護士を使い民事裁判を行った場合などは、元々の残業代に加えて遅延損害金と付加金を勝ち取れる可能性が高いでしょう。

遅延損害金については残業代が未払いとなっていた期間の利息に該当するもので、在職中の場合で年利にして6%、退職後は年利14.6%分の利息が発生します。

裁判になる前に和解となるケースが多いですが、悪質な企業に対しては遅延損害金や付加金まで含めて残業代の支払いが命じられます。

未払い残業代を回収することで100万円以上の資金を得られるケースもあるでしょう。

残業代は25%以上の割増

残業代と言われる時間外労働については、通常の場合でも25%割増されます。

深夜や休日出勤ならばさらに割増額は大きくなるため、遅延損害金が無かったとしても相当な額の残業代が手に入る可能性が高いです。

未払い残業代の時効は3年

ただし注意点として、未払い残業代の請求権の時効は3年となっています。

元々は2年でしたが2020年4月の民法改正で3年に延長されました。

労働者有利の流れとなってはいますが、3年を超える月の残業代は請求できなくなってしまうことは注意してください。

残業代未払いは在籍中に請求すべきではない

未払いの残業代は請求することによって相当な額が返ってくる可能性はあります。

ただし在籍中は請求すべきではないとアドバイスいたします。

あなたが経営者や上司だとして、未払いの残業代を払えと請求してくる社員や部下に、大事な仕事を任せることや、出世させたいと思いますか?

もちろん請求したことを直接の理由とはしませんが、昇給や昇格は無くなるでしょうし、企業によっては嫌がらせやハラスメントを受ける場合もあります。

小さい会社ならば結果的に退職に追い込まれることすらあるでしょう。

目先の残業代を求めることで結果的にはるかに大きな損をしてしまいますので、同じ会社で働き続けたいのならば在籍中の請求はおすすめできません。

残業代未払いは退職を決めたら請求

一方で退職を決めたのならば未払いの残業代請求はしてよいでしょう。

元々は労働法を守っていない会社側に問題があるのです。

ただし個人が会社相手に戦うことはほぼ不可能ですので、企業と交渉ができる労働組合か、請求ができる弁護士に依頼することをおすすめします。

未払い残業代交渉ができるおすすめの退職代行サービス1.退職代行ガーディアン

相談可否 可能
料金 29,800円
退職までの日数 即日
顧問弁護士 労働組合
退職率 100%

退職代行ガーディアンは労働組合法人が運営している退職代行サービスですので、団体交渉権を持っています。

そのため企業相手に交渉ができますので、未払い残業代の交渉が可能となります。

弁護士の場合はより強く請求までできるのですが、弁護士運営の退職代行はその分料金が高くなりますよね。

退職代行ガーディアンは交渉までできるにも関わらず、料金は他の退職代行サービスと変わりませんので、未払い賃金がある方で、何が何でも取り返したいわけではないがぜひ交渉して欲しいという方に最適と言えるでしょう。

また退職については、ブラック企業が相手だとしても退職代行ガーディアンならば問題なく退職できます。

交渉ができる大きなメリットがありつつ退職代行の料金は相場通りですので、総合的に間違いなくおすすめできる退職代行サービスとなっています。

退職代行ガーディアンの運営会社概要

会社名 東京労働経済組合 (略称:TRK)
所在地 〒114-0002
東京都北区王子4-24-11 IKビル501
連絡先 TEL :03-6903-3278
FAX :03-6903-3279
代表取締役 長谷川 義人
設立 1999年9月27日
法人番号 8011305000569

退職代行ガーディアンの公式サイトを見る

未払い残業代請求もできるおすすめの退職代行サービス2.弁護士法人みやび

相談料 無料
料金 55,000円
オプション

残業代、退職金、未払い給与などの請求と交渉可

費用は回収額の20%

退職までの日数 即日
顧問弁護士 弁護士法人みやび

弁護士法人みやびは退職代行サービスの中でも弁護士に退職を頼むことができる最も強いサービスと言えます。

弁護士にも企業側の弁護士と労働者側の弁護士がいるのですが、労働者側の弁護士法人に依頼します。

料金は55,000円と一般の退職代行業者より高いため、単に退職したいだけの方には向かないかもしれませんし、企業と交渉までなら可能な労働組合のサービスよりも高いですよね。

一方でブラック企業相手でも全く問題ない弁護士法人に依頼できるため、残業代を筆頭に、退職金や未払い給与などを交渉して請求し、取り返したい方には間違いなくおすすめできます。

請求までしっかりとしてくれるのは弁護士だけとなります。

弁護士法人みやびでは請求のオプション料金は成果報酬となっているため、オプションを付けるだけでは損はしない仕組みで、取り返すほど確実に資金が増えることになります。

それに加えてもしハラスメントなどの慰謝料請求までしたい方は、通常の退職代行や労働組合でも慰謝料請求までは不可能ですので、必ず弁護士に依頼しましょう。

慰謝料請求の時効も残業代の時効と同じく3年ですので、迷っている方はぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

弁護士法人みやびの運営会社概要

商号 弁護士法人みやび
代表者 所長 佐藤 秀樹(弁護士)
事業内容 企業法務全般
訴訟等の裁判業務
顧問業務
コンサルティングなどの相談業務
一般民事事件などの個人向け業務
所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-8 第二丸高ビル4階
 

未払い残業代請求もできるおすすめの退職代行サービス3.退職110番

相談可否 面接不要で即日退職可
料金 43,800円
オプション 未払い賃金や慰謝料請求まで可能
退職までの日数 即日退職
顧問弁護士 弁護士法人が運営
退職率 100%

未払いの残業代があり、他の理由でも退職したいという方は、弁護士に退職代行を依頼することをおすすめします。

二度と出社せず会社を辞められますし、同時に未払い賃金の回収もしっかりとしてくれますよね。

退職110番という退職代行サービスは弁護士法人が運営していて、面接も不要で即日退職を可能としています。

弁護士法人ですので未払い賃金の請求に加えて、ハラスメントなどさらに悪質な場合は慰謝料請求まで対応できるでしょう。

しっかりと残業代を回収できれば退職代行の料金よりはるかに大きい金額が戻ってきますので、退職を決意している方は頼まない理由がないのではないでしょうか。

退職110番の運営会社概要

商号 弁護士法人あおば
代表者 弁護士相川祐一朗
事業内容 弁護士法人
所在地 広島県広島市南区京橋町6番13-102号

退職110番の公式サイトを見る

まとめ

未払い残業代は割増に加えて、遅延損害金なども得られた場合相当な額になるでしょう。

人によっては100万円以上も回収できる場合があるため、確実にあるはずという方は弁護士に相談することをおすすめします。

ただし在籍中の請求は結果的に損につながりますので、退職を決意してから請求することが重要です。

退職と同時に請求できる弁護士が運営している退職代行サービスがおすすめですので、ぜひ検討してみてください。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「辞めるんです」・・・24時間対応で即日辞めたい人におすすめ。退職率100%&7,000件実績があり、後払いにも対応している。27,000円(税込)

  2. 「退職代行Jobs」・・・弁護士よりも安価に未払い給与の請求や有給消化も交渉して欲しい人におすすめ。合同労働組合ユニオンジャパンと提携。退職代行27,000円+2,000円(※労働組合費)

  3. 「弁護士法人みやび・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求もあわせてサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金