いろいろな事情で疲れてしまい会社を辞めたい人は多いですよね。

疲れたというのは大事なサインで、そのまま無理にでも続けてしまうとうつ病になることやある日突然倒れてしまうリスクすらあります。

自分の疲れと会社を辞めたいという心にはしっかりと向き合うことが大切です。

ここでは会社を辞めたい疲れた人に人事歴9年からアドバイスをさせていただきます。

ぜひ参考にしてみてください。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「辞めるんです」・・・24時間対応で即日辞めたい人におすすめ。退職率100%&7,000件実績があり、後払いにも対応している。27,000円(税込)

  2. 「退職代行Jobs」・・・弁護士よりも安価に、かつ未払い給与の請求や有給消化も交渉して欲しい人におすすめ。退職完了まで期間無制限でフォローしてくれる。27,000円+2,000円(※労働組合費)

  3. 「弁護士法人みやび」・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求までサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金

会社辞めたいほど疲れた理由は人それぞれ

疲れた理由は人それぞれです。

先ずは自分がなぜ疲れてしまったのか原因を明確にしましょう。

原因を解決することで疲労から抜け出すことができます。

会社辞めたいほど疲れてしまう理由1.合わない仕事を続ける

合わない仕事を続けることは人間にとって苦痛です。

人間関係は問題ないし、福利厚生も悪くない会社で働いていても、なぜか仕事が辛くてどんどん疲労が溜まっていくことがあります。

これは仕事自体が合わないため、どれだけ周辺がよくても、人生の大部分を埋める仕事により疲れていってしまうケースです。

会社は悪くないけれど仕事がどうしても合わないこともあるのです。

会社辞めたいほど疲れてしまう理由2.業務量や責任が過多

業務量や責任が過多のため疲れてしまうケースは多いですよね。

働かない上司や使えない部下の分まで一身に背負ってしまい、プレッシャーやストレス、業務量が多すぎることで疲労困憊になってしまいます。

最悪の場合過労死になる可能性があるため、疲れたというサインは見逃してはならないでしょう。

会社辞めたいほど疲れてしまう理由3.ハラスメント

パワハラやセクハラといったハラスメントで悩んでいる方も少なくありません。

事実、会社を辞める一番の理由は上司と言われています。

上司のパワハラやセクハラは会社を辞める大きな要因ですし、ハラスメントに耐えることに貴重な時間や労力を割くことほどばかばかしいことはありませんよね。

ハラスメントに耐えることは忍耐の問題ではなく、労働市場において取り返しのつかない損失になりかねません。

会社辞めたいほど疲れてしまう理由4.ブラック企業

会社がブラック企業の場合は誰が働いても疲弊してしまいます。

労働法を守らないサービス残業や、ハラスメントや恫喝などが横行しているブラック企業は後を絶ちません。

離職率も異常に高いですよね。

ブラック企業で働くことは万病のもとと言えます。

疲れ切ってしまう前に逃げることをおすすめします。

会社辞めたいほど疲れた人は退職を検討すべき

会社を辞めたいほど疲れてしまった方は、大きな病気になる前に退職を検討すべきです。

後悔してからでは遅いのが心身の健康問題ですよね。

会社辞めたいほど疲れた人は退職を検討すべき理由1.病気になると復帰できない

一度病気になるとなかなか復帰できません。

うつ病になってしまうと、会社を辞めたからといって同時に綺麗に治るわけではなく、何年も治療に人生を奪われてしまう恐れもあります。

何年間と労働市場から離れていると、人材価値が落ちてしまうため、ようやく病気が治ったとしても再就職が難しく、条件をかなり落とさないと働けない場合もあります。

病気になる前に辞めることが必須と言えます。

会社辞めたいほど疲れた人は退職を検討すべき理由2.世の中には無数に会社がある

日本は一つの会社で生涯を過ごすことが一般的でしたが、世の中には無数に会社が存在するのです。

視野狭窄に陥り労働法の無視やハラスメントが当たり前と洗脳されてしまう前に、外に出ることでいくらでも可能性があることは理解すべきでしょう。

仕事とは苦しいもの、耐えるものと思い込んでしまう前に退職を考えてみてください。

会社辞めたいほど疲れた人は退職を検討すべき理由3.人材価値が下がってしまう

ブラック企業で無意味な作業を長年続けると、人としてもすり減ってしまいますし、人材価値も下がってしまいます。

労働市場における人材価値でキャリアは決まるため、例えばハラスメントに耐えることに何年間も費やしてしまうと、その分だけあなたの価値は下がってしまうのです。

目先の損得ではなく長期的に考えるべきとアドバイスできます。

会社辞めたいほど疲れた人は退職代行で即日退職もおすすめ

退職したいけれど会社から何を言われるか、何をされるか怖いという方は、退職代行サービスを使って即日辞めることができます。

30,000円以下で、もちろん合法で退職できますので、疲れ切ってしまう前に検討してみてください。

何十社とある中で本当におすすめできるサービスのみご紹介します。

会社辞めたいほど疲れた人におすすめの退職代行サービス1.辞めるんです

相談可否 回数無制限
料金 27,000円(完全成果報酬)
オプション 有給サポート
退職までの日数 即日退職
顧問弁護士 不明
実績 7000件
退職率 100%

会社を辞めたいほど疲れた人には「辞めるんです」という退職代行サービスがおすすめです。

27,000円という料金は業界でも安く、有給サポートオプション、7,000件の実績、即日退職とどれも問題ありません。

特に手元にお金があまりない方には、辞めるんですが業界で最初に始めた完全後払いというメリットがあります。

確実に辞めてから支払いをすればよく、クレジットカードを使えば2か月ほども支払いを遅れさせられますよね。

スペックも問題ないですし、できるだけ後払いにしたい方にぜひおすすめと言えます。

辞めるんですの運営会社概要

商号 LENIS Entertainment株式会社
代表者 早川大騎
事業内容 IT事業、広告事業
所在地 東京都新宿区高田馬場4-18-15第2中村ビル

辞めるんですの公式サイトを見る

会社辞めたいほど疲れた人におすすめの退職代行サービス2.退職代行ニコイチ

相談可否 回数無制限
料金 27,000円(退職できなければ返金保証)
オプション 有給消化、2か月アフターフォロー
退職までの日数 即日可能
顧問弁護士 不明
実績 19000人以上
退職率 100%

仕事で疲れて辞めたい方で実績を重視したい方は退職代行ニコイチがおすすめです。

運営会社は創業2004年で年数が経っていますし、これまで19,000人以上を退職させてきたようです。

バイトでも利用できますし、有給消化と2か月のアフターフォローが付いていて、退職率は100%と確実ですのでどのような状態でも退職することができるでしょう。

退職代行ニコイチの運営会社概要

会社名 株式会ニコイチ社
創業 2004年
退職代行店舗名 退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチの公式サイトを見る

会社辞めたいほど疲れた人におすすめの退職代行サービス3.退職代行ガーディアン

相談可否 可能
料金 29,800円
退職までの日数 即日
顧問弁護士 労働組合
退職率 100%

疲れて会社辞めたい方で、企業と交渉まで行いたい方には退職代行ガーディアンで即日にでも辞めることをお勧めいたします。

総合的にとても優れた退職代行ですので間違いなく退職できますし、通常の退職代行業者と大きく異なるのが労働組合が運営している点です。

労働組合は団体交渉権を持つため、どんな厄介な企業相手でも辞められますし、未払いの残業代など賃金回収についても交渉できるでしょう。

賃金が適正に回収できた場合は支払う退職代行料金よりもはるかにお金が戻る可能性もあるため、サービス残業で疲れてしまった方にもぜひおすすめできます。

退職代行ガーディアンの運営会社概要

会社名 東京労働経済組合 (略称:TRK)
所在地 〒114-0002
東京都北区王子4-24-11 IKビル501
連絡先 TEL :03-6903-3278
FAX :03-6903-3279
代表取締役 長谷川 義人
設立 1999年9月27日
法人番号 8011305000569

退職代行ガーディアンの公式サイトを見る

会社辞めたいほど疲れた人におすすめの退職代行サービス4.退職代行Jobs

相談可否 退職代行利用者への無料カウンセリング特典
料金 29,800円(後払い相談で可能)
オプション 無料カウンセリング
顧問弁護士 第二東京弁護士会所属弁護士 西前啓子

退職代行Jobsは疲れた方にぴったりのカウンセリング特典付きで、珍しい退職代行サービスです。

顧問弁護士もいるため非弁行為についても安心できますし、料金支払いについて相談次第ではありますが後払いが可能な点も大きなメリットでしょう。

正社員だけではなく契約社員・パート・アルバイトの全てで使うことができますし、疲れてしまったどなたでも使えます。

総合的にもデメリットのないおすすめの退職代行サービスと言えます。

退職代行Jobsの運営会社概要

商号 株式会社アレス
顧問弁護士 第二東京弁護士会所属弁護士 西前啓子
所在地 〒533-0006
大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202

会社辞めたいほど疲れた人に社内異動や社内転職はおすすめしない(何も変わらない)

 

会社辞めたいほど疲れた人で、同じ会社での他の部署ならどうか、他の業務ならましになるのではと社内異動を考える人もいるでしょう。

社員数十人ほどの小さい会社やベンチャー企業ならば社内異動など実質ありませんが、数千人から数万人という大きな企業ならば、疲れた人でも社内異動や社内における転職のようなものは一見選択肢になるかもしれませんし、あちらの部署ならば楽かもと希望を持つかもしれません。

もし違う人たちと今よりは楽な仕事ができれば、仕事をやめたいような状況も変わるかもしれないと特に若い方は考えますよね。

社内での異動制度がある会社は増えてきましたし、社外に転職するよりはまだハードルは低いのではと感じる方も多いため、東証一部の大企業で人事を長年やってきた筆者からアドバイスいたします。

業界や会社など何も変わらないため仕事をやめたい疲れた状況は同じ

結論からお伝えすると、残念ですが会社辞めたいほど疲れた方に社内異動はあまりおすすめできません。

仮に部署や業務が変わったとしても、所詮は同じ業界の同じ会社内での話ですし、実は何も変わらないのが実態と言えます。

同じ一連の仕事において担うプロセスが変わるというだけのことですし、会社の社風や社員のレベル、激務な体質、ビジネスモデル、核となる給料、仕事の面白さも大差ないことがほとんどでしょう。

会社を辞めたい根本の原因は社内異動では解決されないのです。

仕事に疲れたは異動理由にならない(転職の隠れた理由ならばOK)

またあなたが激務な職場をやめたいとして異動を希望したことや社内転職に応募したことは、当然新しい職場の人たちも分かるわけで、「なぜ異動してきたのか」「前はどうだったのか」「使えるのか」という理由や状況は最も関心を持たれますよね。

異動先の上司ならばあなたのこれまでの評価を確実に見られますので、あなたが上司や先輩ならば、仕事に疲れてやめたいけれど転職が怖いからという理由で異動してきた人に期待しますか?

そもそも激務の企業の中ではほとんどの人が疲弊し、同じ価値観を持ってしまっています。

疲れて会社を辞めたいけど転職まではしたくないから、前が上手くいかなかったから異動したというネガティブな話が広まる恐れは十分に高いのが社内なのです。

ちなみに転職ならば噂など伝わりませんし、隠れた理由として疲れたからは問題ありません。

異動元の激務職場は異動した人をよく思わない

どんな会社においても人の噂は瞬く間に広がるもので、社員が数千人や数万人といるような超大企業でも、結局様々なことが知れ渡ってしまうのが現実なのです。

これは大企業で10年以上仕事をしている筆者の経験からも断言できるでしょう。

注意すべきは、あなたを追い込んだ激務な異動元は当然良い気持ちはしないわけですから、あなたがやめたいながらに頑張っていたとしても、根も葉もない噂が新しい部署まで届いてしまうことは頻繁に起きます。

仮に先輩や上司に相談などしていたら全てだだ漏れですし、裏切ったなどと社内でも恨みを持たれることすらあります。

若手は異動できたとしても別部署の一番下っ端をやるだけ

また仮に異動できたとしても何かが劇的に変わるわけではなく、むしろ環境が変わるストレスに対して得られるものは少ないのです。

若手でまた新しい部署から再スタートとした場合、出世が同期と比べて大きく遅れることもほぼ確実でしょう。

やることは一番下っ端の雑務からですし、疲れてやめたい状況は変わらず、異動先は「一番下が来てよかった」くらいにしか思いません。

結果的にさらに疲れて会社を辞めたくなるでしょうし、また回り道をしてしまっていて、貴重な若さすら失ってしまいます。

会社内異動では業界、激務、社風、給料、就業規則の何も変わらない(繰り返しているうちに人材価値は急落する)

社内異動をしたとしても若手ならば安い給料が変わるわけではないですし、激務な体質は変わらず、むしろ新しい場所になるわけですから出世も遅くなります。

気づいていない方が多いですが、異動をすればそれだけ経験が遅れているわけで、出世が遅れて同期や後輩よりすら安い給料で働く可能性が高いですよね。

激務な社風や就業規則が変わって理想の働き方ができるわけでもないですし、仕事を辞めたい本質は一切変わりません。

単に同じ会社の中で別の人と別の仕事(若手は一番の雑務)をやらされるだけで、辞めたい激務で疲れた仕事や環境が根本的に変わるわけではありません。

一度大変な企業に入ってしまうと、サラリーマンとしてどんどん上手くいかない可能性の方が高くなっていきますし、社内異動をしたり相談をしたところで解がありません。

疲れて会社をやめたい若手は社内異動より第二新卒の方がはるかによい

社内異動では残念ながら激務企業を辞めたい現実は変わらないどころか、社内異動すら失敗し続けることで人生全体にも影響を与えます。

だらだらと何年もの間、社内異動をしてはやはり変わらない、やっぱり辞めたいと繰り返すと人材価値が急落し、あっという間にどこにも行けなくなってしまいます。

サラリーマンとして取り返しがつかなくなる前に、疲れた激務企業をやめるときっぱりと決断した方が、はるかに人生は好転するというのが人事アドバイスです。

辞めたいほど疲れる企業で耐えてきたくらいならば、退職など一切ストレスにもならないはずですよ。

まとめ

疲れてしまい退職したいというのは大事なサインです。

無視して無理やり働き続けた結果、うつ病や体を壊してしまうことや、最悪の場合は過労死もあり得ます。

疲れ切って何も考えられなくなる前に動くべきです。

即日でも退職できる退職代行サービスを活用するなど、ぜひ自分の健康を最優先にしてください。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「辞めるんです」・・・24時間対応で即日辞めたい人におすすめ。退職率100%&7,000件実績があり、後払いにも対応している。27,000円(税込)

  2. 「退職代行Jobs」・・・弁護士よりも安価に未払い給与の請求や有給消化も交渉して欲しい人におすすめ。合同労働組合ユニオンジャパンと提携。退職代行27,000円+2,000円(※労働組合費)

  3. 「弁護士法人みやび・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求もあわせてサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金