「退職代行ガーディアンを利用するか検討しているけれど、実際に利用した人の評判や口コミはどうなんだろう?」 

「退職代行を使った後にトラブルや問題が起きないか心配だけど、退職代行ガーディアンは大丈夫なのかな?」 

退職代行ガーディアンは、法適合の労働組合が運営・365日即日全国対応の人気のサービスですが、本当に問題なく退職できるのか不安ですよね? 

そこで今回の記事では、

  • 実際に退職代行ガーディアンを利用した人の評判、口コミ 
  • 退職代行ガーディアンの他社と比較した際のメリット・デメリット 
  • 退職代行ガーディアンをおすすめしたい人、おすすめしない人の特徴 

などについて、人事歴9年の筆者の視点で、図解やイラストを交えてわかりやすく解説していきます。

利用を検討している方の悩みを解決できる記事になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。  

退職代行ガーディアンの評判と口コミ5選

ここではまず、退職代行ガーディアンに関する評判や口コミについて、わかりやすく解説をしていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

退職代行ガーディアンの良い評判と口コミ

まず、良い評判と口コミから紹介します。

利用した人がどんな点を評価したのかを知ることができます。

1時間以内に、問い合わせから退職代行までが完了しました。とてもテンポが良い仕事に驚きました。

29,800円で退職できてしまうのだから、とても便利に感じました。弁護士に依頼しようかと考えていましたが10万円の費用がかかると言われ断念しました。退職代行ガーディアンを利用して良かったと思っています。

同期が会社を退職しようとして、失敗している姿を見て、退職代行を使おうと思いました。中でも、交渉ができる退職代行ガーディアンは確実に辞められると思い、依頼しました。結局、会社側とは連絡することなく退職することができました。

上司とどうしても上手くいかず、会社にも嫌気がさしていました。入社1年目で社歴が浅いため、退職を切り出せませんでしたが、退職代行ガーディアンを使って綺麗に辞めることができました。

退職代行の依頼をして、退職手続きが完了するまでに早さに高い評価を受けています。

やはり、会社側は労働組合が依頼者に変わって退職交渉をしてきているということで、半ば諦めているのかもしれません。

労働組合組織という強みと、弁護士に依頼した時より断然安いという点が利用者から評判のポイントです。

退職代行ガーディアンの悪い評判と口コミ

次に、悪い評判と口コミを紹介します。

自分にとってもデメリットになるか、内容に目を通して確認してみてください。

口コミや評価の少ない会社で、良し悪しの判断がつきませんでした。退職はできましたが、他社と比べて良いのか悪いのかは分かりません。

立ち上がってからまだ日の浅い会社で、不安に感じる人も多いのは確かです。

しかし、100%の退職実績を誇る会社ですので徐々に、確実に仕事をしてくれる会社であるということは認知されていきます。

退職代行ガーディアンのTwitterの評判・口コミ

リアルな声が多くみられるTwitterの評判・口コミを確認してみましたが、今のところ実際に利用した人のツイートは見つかりませんでした。

こちらは見つかり次第、随時追記をしていきます。

退職代行ガーディアンのYahoo知恵袋の評判・口コミ

続いて、退職代行ガーディアンのYahoo知恵袋も調べてみました。

これから利用しようとしている人の質問はあったものの、アンサーの箇所などに実際に利用した人の声は見つかりませんでした。

こちらは見つかり次第、追記していきます。

退職代行ガーディアンのメリットと特徴4選

退職代行ガーディアンは、依頼主の会社と交渉することができます。

弁護士が退職交渉を行った場合と比べるとかなり安い金額で依頼できる点はメリットと言えます。

以下、退職代行ガーディアンの4つのメリット、

  1. 労働組合法人であること
  2. 代理人として交渉ができる
  3. 会社から訴えられることがない
  4. スマホでやりとりを完結できる

について、順番に解説をしていきましょう。

退職代行ガーディアンのメリット・特徴①労働組合法人であること

退職代行ガーディアンのメリット・特徴①労働組合法人が運営

東京都認証の合同労働組織です。

弁護士監修の企業と異なり、依頼主の代わりに様々な交渉ができます。

弁護士と同様に、法律的に問題なく交渉ができます。

他の企業と決定的に違うところが、労働組合であるため団体交渉権を有している点です。

団体交渉権とは、賃金や労働時間、懲戒処分や配置転換について交渉できる権利のことを示します。

その点で法律的に問題なく交渉できると言えるのです。

根本的な母体の組織が、他退職代行サービスとは異なる点が強みです。

退職代行ガーディアンのメリット・特徴②代理人として交渉してくれる

退職代行ガーディアンのメリット・特徴②代理人交渉ができる

依頼主の代理人として、交渉ができます。

依頼主自身が会社と交渉しているイメージです。

弁護士監修の企業であれば、弁護士からのアドバイスを受けながら退職代行の業務はできます。

ただし、それは言わばメッセンジャーに過ぎず原則交渉することはできないのです。

その点で代理人は本人として主張できることは、全て交渉することができます。

退職代行ガーディアンのメリット・特徴③会社から訴えられることがない

退職代行ガーディアンのメリット・特徴③会社から訴えられない

会社が依頼主を訴えてくることがありません。

この点は、他の退職代行サービスにも言えることではありますが他社と比べると、さらに裁判沙汰になってしまう可能性は減ります。

他社と同様に、まず会社が訴えてきた場合費用が相手側に多くかかってしまいます。

さらに退職代行ガーディアンの場合は東京都労働委員会認証の労働組織であるため、依頼主の企業側に勝てる可能性が全くないからです。

退職代行ガーディアンのメリット・特徴④スマホでやりとりを完結できる

退職代行ガーディアンのメリット・特徴④スマホでやりとり完結

退職までの一連をスマホの連絡のみで完結できます。

手軽さとスマホだけでできるということで、どこの地域に住んでいてもサービスが受けられるのです。

手厚いサポートが一様に東京以外にお住まいの方も受けられるのは強みです。

退職代行ガーディアンは評判通り?デメリットや注意点はある?

退職代行ガーディアンは評判通り、依頼主の要望に応えてくれるということは明らかです。

唯一懸念事項となってしまうのが、企業としての歴史が浅いことです。

退職代行ガーディアンは2020年2月に発足した組織です。

法律の面で守られていることから、強気の交渉ができるのですが、他企業と比べるとまだまだ実績の少ない企業ではあります。

ただし、運営会社の東京労働経済組合は1999年創立と長い実績があることは確かです。

創立以来、全ての労働者の権利を守るための活動をしているため、労働交渉におけるスペシャリストであることは言うまでもありません。

退職代行ガーディアンの評判は他社より良い?おすすめできる?

退職代行ガーディアンは、良い評判が多くおすすめです。

労働組合組織ということで正社員だけでなく、非正規雇用者に対しても同様の手厚い退職代行を行っている点がおすすめしたいところとなります。

退職代行を行う根底には、全ての労働者の権利を守り環境を改善するという目的があり、強い信念の下で依頼者を退職させてくれます。

料金に関しても、期間や社員の契約内容に関わらず一律で29,800円と明快で分かりやすい点もおすすめしたい根拠の一つです。

退職代行ガーディアンは労働組合が運営している点が強い

退職ガーディアン労働組合が運営している点が強い

退職代行ガーディアンは労働組合が運営している強みがありますが、具体的になぜ労働組合がよいのかご説明します。

そもそも労働組合とは、労働者が団結をして賃金や労働時間などの労働条件の改善を図るために作る団体と定義されています。

日本国憲法第28条において、労働者には(1)団結権、(2)団体交渉権、(3)団体行動権(争議権)が保証されており、この労働三権を具体的に保障するために労働組合法が制定されました。

労働組合法に基づいて労働三権を保証する団体が労働組合となり、その労働組合が労働者の退職を保証しているわけです。

退職代行ガーディアンは団体交渉権で交渉や請求まで可能

退職代行ガーディアンは団体交渉権で交渉や請求まで可能

退職代行業者の多くは一般法人で、労働組合運営はまだ少ないです。

一般法人の退職代行の場合、可能な業務は退職の意志を伝えるという行為のみとなります。

ここまでは使者に該当するため問題ない可能性が高いですが、それ以外の交渉や請求は非弁行為となってしまいます。

一方で労働組合ならば労働三権にある「団体交渉権」が憲法で保障されていますので、退職について会社と交渉できるのはもちろん、未払い残業代など賃金交渉までできるのです。

これは一般の法人では絶対にできないため、労働組合が運営している退職代行ガーディアンの最大のメリットと言えるでしょう。

退職代行ガーディアンの公式サイトを見る

退職代行ガーディアンなら大丈夫?弁護士に聞いた退職代行サービスの評判

始まったばかりの頃は賛否があった退職代行サービスで、今でも心配の声も聞こえてきますが、実際の弁護士の方は退職代行サービスについてどう思っているのでしょうか。

弁護士には労働者側と企業側の弁護士がいて、両方の仕事を行う個人弁護士もたまにいますが基本的にはどちらかの経験を長く積んでいきます。

退職代行について労働者側の弁護士は当然ポジティブなことを述べるはずですので、ここでは企業側の、どちらかと言えば否定的になりがちな弁護士に見解を聞いてみたいですよね。

筆者は学生時代から10年来の知人に弁護士がいますので、退職代行サービスについて聞いたかなり貴重な意見をお伝えいたします。

退職代行は弁護士か労働組合運営に頼まないと非弁行為のリスクはある

知人の弁護士は企業側の弁護士を10年以上仕事にしている紛れもない労働問題のプロですので、退職代行とは真逆のスタンスになります。

そのため長年労働問題を扱ってきている熟練ですが、退職代行サービスについては、一般の法人では非弁行為となってしまうリスクを指摘していました。

筆者も人事歴が長いため、「退職の意志を伝えるだけでは使者となり得るため問題ないのでは?」とあえて反論的に確認はしています。

それに対して弁護士が争点としたのは、会社によっては相当な反発や交渉に持ち掛けてくるところもある点、交渉が起きない保証がない点でした。

退職代行の話し合いが交渉に該当するリスクもある(退職代行ガーディアンならば交渉は可能)

会社側が強引だとしても反発や交渉を持ちかけてきた場合、実際問題は退職の意志を伝えるだけには留まらず、結局交渉に該当する話が発生してしまっているよね、という見解でした。

なるほどプロでないと線引きが難しい可能性もあるでしょう。

現場の実態を熟知するさすがプロの弁護士の意見ですし、なかなか我々では分からない視点ですよね。

そのため特に反発が予想される企業を辞めようとしている方は、非弁行為のリスクがあるかもしれません。

もちろん初めから弁護士を使えば安心ですが、それが割高で心配という方でも団体交渉権のある労働組合が運営する退職代行ガーディアンがおすすめです。

労働組合運営の退職代行ガーディアンは一般退職代行と料金は一切変わりませんので、退職代行ガーディアンに頼まない理由はないかもしれませんよね。

退職代行ガーディアンの公式サイトを見る

退職代行ガーディアンで退職代行を使う方法・流れを紹介

ここでは、退職代行ガーディアンを利用する際の流れについて解説をしておきます。

  1. LINEで退職代行ガーディアンに相談をします。
  2. 実際に依頼することが決まれば、流れや振込先情報が送られてきます。
  3. クレジットカードまたは銀行振り込みにて入金を行います。(一律29,800円)
    クレジットカードはVISA・MASTERカードに対応しています。(2021年7月時点での公式サイトの表記)
  4. 入金の確認が取れ次第、退職代行ガーディアンが退職交渉を開始します。
  5. 退職完了まで、電話やLINEでの相談に無料で乗ってくれます。

29,800円以外で追加で費用はかかりませんし、労働組合が運営しているため、過去に訴えられるなどの事例は一度もありません。

また、過去に退職できなかった事例も1件もないので、ぜひ安心して活用してみてください。

退職代行ガーディアンの運営会社情報

退職代行ガーディアンの詳細な会社情報は以下の通りです。

運営組織 東京労働経済組合
設立 2020年
所在地 東京都北区王子4丁目24−11 IKビル 501
代表者 長谷川義人
対応時間 記載なし
電話番号 03-6903-3278
メールアドレス info@trk.or.jp

まとめ

退職代行ガーディアンは評判の良い企業と言えます。

2020年創立で、東京労働経済組合という労働組合が運営している企業です。

そのため依頼者に変わって、代理人として主張し得ることについては、すべて点において交渉ができるという点がメリットです。

運営企業の東京労働経済組合は1999年創業と歴史があり、創業以来労働者の権利を守るための活動をしています。

このような実績からも安心して利用できるのが、退職代行ガーディアンです。

退職できずお困りの方は、是非退職代行ガーディアンを使って退職してください。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「辞めるんです」・・・24時間対応で即日辞めたい人におすすめ。退職率100%&7,000件実績があり、後払いにも対応している。27,000円(税込)

  2. 「退職代行Jobs」・・・弁護士よりも安価に未払い給与の請求や有給消化も交渉して欲しい人におすすめ。合同労働組合ユニオンジャパンと提携。退職代行27,000円+2,000円(※労働組合費)

  3. 「弁護士法人みやび・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求もあわせてサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金