仕事というのは人生の大部分を占めますし、平日はそのほとんどを費やすことになりますよね。

そのため職場がストレスの場合、人生そのものを無駄にしていると言えますし、単につらいだけではなく心身に悪影響を与え続けることにもなるのです。

職場のストレスによって病気になってしまい、人生全体に取り返しのつかないダメージを与えてしまうことすらあるでしょう。

ここではそれだけ怖い職場ストレスについて、人事歴9年の筆者が解消する方法をお伝えいたします。

ぜひ参考にしてみてください。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「退職代行Jobs」・・・労働組合と連携していて会社との交渉もサポートして欲しい人におすすめ。退職完了まで期間無制限でフォローしてくれる。27,000円+2,000円(※労働組合費)

  2. 「弁護士法人みやび」・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求までサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金

職場ストレスを放置すると取り返しのつかない病気になるリスク

職場のストレスは軽視してはいけません。

職場とは平日の大半を過ごす場所ですから、頭では耐えようと考えていたとしても、心や体は正直ですので、心身に異変が生じることや、ある日突然職場に行けなくなってしまうようなこともあります。

一度うつ病になってしまうと、会社を辞めれば綺麗に治る話ではなく、長期に渡って治療をしなければならない可能性もあります。

その間はまともに働けませんから、人材価値が落ちて再就職すらできない事態になるなど、実は職場のストレスというのは非常に恐ろしい末路を迎えるリスクがあることを理解してください。

職場ストレスを解消する3つの方法

職場のストレスを解消できる方法がないか、人事歴の長い筆者がアドバイスいたします。

職場ストレスを解消する方法1.ストレスの原因が人か業務か見分ける

先ずは職場のストレスの原因が、人なのか業務なのか見分けましょう。

転職の一番の理由は上司とされているため、あなたのストレスの原因も上司である可能性が高いですよね。

しかし上司とは上手くやっているが、他の同僚とは上手くやれていない場合や、陰湿ないじめを受けている場合もあります。

また人はいいのだが業務がストレスで、仕事そのものが辛いということもあるでしょう。

原因を特定するところから改善を始める必要があります。

職場ストレスを解消する方法2.ストレスの原因となる人物を避ける

ストレスの原因が業務である場合は、サラリーマンである以上会社から指示された業務は必須ですので、解消できる余地はあまりありません。

どうしても業務がストレスであるならば、今すぐにでも辞めることをおすすめいたします。

このまま続けても長期では失敗することが目に見えているからです。

またストレスの原因が人の場合は、その人から離れられないか検討してみてください。

上司が原因であるとかなり厳しいですし、上司を無視することはあなたが100%悪くなってしまうのですが、原因が職場が同じだけの同僚の場合などは、どうにか離れられないか考えてみてください。

職場ストレスを解消する方法3.人も業務も離れられなければ今すぐ新しい職場に移る

ストレスの原因となる人も業務も離れられなければ、今すぐ新しい職場に移ることを強くおすすめします。

耐えるという行為は自分ではコントロールできないため、あと1年耐えようなどと自分で決めていても、実は心身に限界がきていて、3か月後にうつ病が発生して働けなくなってしまうなんてケースもあるのです。

何百人というサラリーマンを見てきた筆者だからこそ、病気になる前に変えることの重要性を強くお伝えしたいと思います。

まとめ

職場ストレスは軽視してはいけません。

あなたは耐えているつもりでも、心身の不調は突然表に出て、ある日突然うつ病になってしまうことは多々あります。

ストレスの原因を突き止め、解消できそうな場合は解消してみることも手ですが、人も業務も変えられないストレス職場のケースでは、今すぐ辞めることをおすすめいたします。

病気になってしまうと人生そのものを無駄にしかねないからです。

退職代行を使えば即日でも辞めることが可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「退職代行Jobs」・・・労働組合と連携していて会社との交渉もサポートして欲しい人におすすめ。退職完了まで期間無制限でフォローしてくれる。27,000円+2,000円(※労働組合費)

  2. 「弁護士法人みやび」・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求までサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金