日本には社会保険制度があります。

社会保険はとても複雑ですので、しっかりと全て理解している方は少ないですよね。

毎月いくらお給料から引かれているか把握している方も多くはないでしょう。

実質税金のように強制的に支払っていることを知らない方もいるかもしれません。

さらに保険料だけ納めていて、本当は給付金が受け取れる対象にも関わらず申請をしないで受け取れていない方もいます。

ここでは社会保険と社会保険給付金について、デメリットの側面からお伝えいたします。

現役社労士の筆者が解説いたしますのでぜひ参考にしてみてください。

人事のプロがおすすめする社会保険給付金サポート

 

「仕事を辞めたいけれど、退職後の生活を考えるとなかなか踏み出せない・・・。」

 

「退職後に失業保険や傷病手当を受給したいけど、申請の方法や受給要件がよくわからない・・・。」

 

今の会社を辞めたいと考えていても、退職後のお金の不安で一歩を踏み出せない人は多いです。

 

退職後に活用できる保険や給付金については、そもそも知らない人が多い上に、申請方法や条件がわかりづらく諦めてしまった人もいるはず。

 

そういった人にぜひ活用して欲しいのが、退職後の悩みを総合的にサポートしてくれる「退職コンシェルジュ」です。

 

 

退職後、最大28か月の長期に渡り社会保険(失業保険+傷病手当)給付金が受け取れるよう丁寧にサポートしてくれます。

 

退職コンシェルジュに支払う手数料は、実際にもらえた給付金の10%-15%であるため損をするリスクはありません。

 

  • 社会保険に1年以上加入している20歳~54歳
  • 転職先が決まっていない
  • 退職日が本日から2週間以上3ヶ月未満

 

上記の3つの条件を満たす人であれば退職後に数百万円の給付金を受給できる可能性があるので、損をしないためにもぜひ気軽に相談してみてください。

 

社会保険のデメリットは強制加入と複雑さ

日本には社会保険があります。

社会保険とは総称であり、いくつもの種類に分かれるのですが、ここではデメリットについてお伝えいたします。

社会保険のデメリットとしては、

  1. 強制加入で月々社会保険料が引かれる
  2. 複雑で十分に利用できない

ということが挙げられますので、詳しく説明いたします。

社会保険のデメリット1.強制加入で月々社会保険料が引かれる

社会保険のデメリットは、サラリーマンならば実質ほぼ強制加入となり、月々の給与から社会保険料が引かれることです。

サラリーマンの税金とも呼ばれていますが、所得税や住民税に加えて社会保険料も毎月強制的に給与から控除されていることをご存じでしょうか。

これらの税金によってお給料の3割から5割ほどが自分の手元には残らない仕組みとなっているのです。

強制加入で月々支払わなくてはならない点は社会保険の大きなデメリットと言えるでしょう。

社会保険のデメリット2.複雑で十分に利用できない

働いている方ならば月々社会保険料を納めているわけですが、いざ社会保険の給付金を受けられる状況になったとしても、自動でお金がもらえるわけではありません。

複雑な制度を理解して、自ら申請しなければなりません。

社会保険料が勝手に引かれていることもしっかりと把握していないかった人が、自分がどのような社会保険給付金に該当するか理解して、きちんと申請することは相当な困難ですよね。

申請方法はかなり複雑だと感じますし、保険料を納めている人の0.5%しか給付金を受け取っていないというデータまであります。

受け取れる権利を使わない本人に責任があるわけですが、そうは言っても複雑な点は大きなデメリットですよね。

社会保険給付金を受け取るデメリットはない

社会保険のデメリットは強制加入である点と複雑な点です。

一方で社会保険給付金を受け取るデメリットはあるのでしょうか。

結論から言えば、給付金を受け取ることによるデメリットはありません。

受け取ることによって再就職が難しくなるわけではありませんし、失業保険(雇用保険の基本手当)であればむしろ再就職するまでの期間を支えてくれるわけです。

保険と名が付くわけですから、給付金を受け取ることを気にする必要はないでしょう。

社会保険給付金のデメリットは申請が複雑で難しい

社会保険給付金の制度としてのデメリットは、申請が複雑で難しいことです。

元気な時ですらかなりの勉強や労力が必要な申請を、会社が倒産した場合や解雇された場合や病気やケガで働けなくなった場合に行うわけですから余計に大変な作業となりますよね。

自分から申請しなければ受け取れない点はデメリットと言えます。

社会保険給付金サポート「退職コンシェルジュ」で最大28か月給付金がもらえる?

社会保険給付金は複雑で申請が大変というデメリットはありますが、最大限活用できた場合は2年以上も働かなくてもお金が入ってくるほど大きなメリットもあります。

また実は社会保険給付金についてはプロのサポートを受けることができます。

社会保険給付金サポートを使えば最大で28か月もの間、会社を辞めて働かなくても給付を受けられるケースがあります。

個人で社会保険を完璧に熟知して達成することは相当な困難と言える中で、実績豊富なプロに指導してもらえる点は大きなメリットでしょう。

退職コンシェルジュはすでに1,100人の実績がある

複数の社会保険を申請者に合わせてアドバイスし、最大限に給付を受けられるようサポートする「退職コンシェルジュ」という社会保険給付金サポートサービスがおすすめです。

退職コンシェルジュはすでに1,100人の実績がありますので、申請サポートを依頼した方がはるかに効率的ですし、いろいろな事情で会社を辞めた後の回復にとってもプラスだと言えます。

退職コンシェルジュの手数料は受け取った給付金の10%から15%

社会保険給付サポートサービスでは退職コンシェルジュがおすすめですが、気になるのは実績や手数料ですよね。

実績はすでに3年以上サービスを継続しており、1,100人の実績がありながらトラブルは一切なく、満足度は98%としています。

手数料については、申請者が実際に受け取った給付金の10-15%というサービス設定にしていますので、サポート代金は払ったけれど給付金が受け取れなくて損をするリスクはありません。

手数料で損をしないかが最大の心配事だと思いますが、申請者にとっては得しかしない仕組みとなっていて嬉しいですよね。

98%の満足度ですのでまず大丈夫ですが、万が一にでも給付金を受け取れなかった場合は全額保証も付いていますので信頼して大丈夫でしょう。

退職コンシェルジュを使えば数百万円の社会保険給付金が受け取れる可能性

サービス内容を調べましたが、失業保険くらいならば一人でも可能ですが、社会保険給付金を一人で最大限に利用するには相当な時間と労力、専門知識が必要となります。

申請をプロにサポートしてもらうことはかなり有益と言えますよね。

申請しなければ全くお金が入らないところを、人によっては合計で数百万円、最大で500万円以上もの大金を合法的に受け取れる可能性があるわけですから、間違いなく大きなメリットです。

退職コンシェルジュを使える条件(無料Web説明会や無料面談に参加してみましょう)

退職コンシェルジュを使うには4つ条件があります。

  • 年齢が20歳~54歳
  • 社会保険に1年以上加入している
  • 退職日が本日から2週間以上、3ヶ月未満
  • 転職先が決まっていない

上記の条件が合う方は退職コンシェルジュを使うことができます。

退職コンシェルジュが使えるということは、社会保険給付の条件に合うということですよね。

不明な点がある方は無料のWEB説明会と個別相談でぜひ聞いてみてください。

無料の説明会でも社会保険給付金の概要やサービス内容について学べることがあるでしょう。

無料で確認してから実際に依頼すればよいですし、手数料も受け取った社会保険給付金の額に合わせているため、申請者は絶対に損をすることがないメリットの大きいサポートサービスと言えます。

退職コンシェルジュを使わないで社会保険給付金を申請する4つのデメリット

 

ここまでご紹介した退職コンシェルジュを使わなくても、社会保険給付金を受け取ることは可能ではあります。

失業保険だけならば一人で申請し切った方もいるかもしれませんよね。

しかし退職コンシェルジュを使わない場合、社会保険給付金を受け取ろうとしても以下の4つのデメリットがあると言えるでしょう。

  1. 社会保険給付金の申請方法を自分で調べる
  2. 会社に拒否される(会社は退職する人の面倒は見ない)
  3. 病院に拒否される(意志は給付金を取らせることが仕事ではない)
  4. 保険組合に拒否される(受け取れない理由だけ伝えられる)

それぞれ詳しく説明していきます。

退職コンシェルジュを使わないで社会保険給付金を申請するデメリット1.社会保険給付金の申請方法を自分で調べる

退職コンシェルジュを使わない場合、失業保険や傷病手当金といった社会保険給付金の種類や内容を自分で調べ、自分の状況に合うものを選び、何よりも自分で申請方法を調べる必要があります。

ただでさえ退職や病気によってつらい状況で、期限に間に合うようにかつ抜けもれなく申請方法を調べ上げることは非常に困難ですよね。

ネットで見つかる情報だけで完璧に揃えることはほぼ不可能で、電話や足を運ぶことなども発生するでしょう。

退職コンシェルジュを使わないで社会保険給付金を申請するデメリット2.会社に拒否される(会社は退職する人の面倒は見ない)

会社の人事部などに必要書類などを確認する方もいますが、会社はあなたの給付金取得をサポートする場所ではありませんし、退職が見えている社員はもう面倒は見ませんよね。

筆者は人事歴が長いので分かりますが、辞める社員の個人的な面倒を見るよりもやらなければならないことは無数にありますし、社員個人のお金のために辞める会社に頼るというのはお門違いとも言えるでしょう。

退職コンシェルジュを使わないで社会保険給付金を申請するデメリット3.病院に拒否される(医師は給付金を取らせることが仕事ではない)

社会保険給付金を得るために病院側にサポートをお願いする方もいますが、極めて忙しい医師にそんな依頼をすることはできませんし、医師の仕事は病気を見ることですよね。

自分一人で理解し切ることは難しく、医師からの質問に正しく完璧に答えなければなりませんし、医師に診断書の発行などを依頼しても対応できないことが多いでしょう。

退職コンシェルジュを使わないで社会保険給付金を申請するデメリット4.保険組合に拒否される(受け取れない理由だけ伝えられる)

保険組合でよくある話ですが、保険組合はお金を支給するための場所ではなく、支給できない理由を述べるだけになってしまいがちと言えます。

保険組合の役割として、保険を受給できるようサポートするサービスは含まれていないということでしょう。

このようにあなた一人だけで社会保険給付金を取得するためには、自分で複雑な社会保険を調べ上げて、会社の人事にも、病院側も、保険組合にも拒否されながらも申請準備を完了させる必要があります。

相当な時間と労力をかけた結果、申請を諦めるしかないという最悪のケースになるリスクもありますので、初めからサポートのプロである退職コンシェルジュを使うことは間違いなくおすすめできるでしょう。

退職コンシェルジュの運営会社情報

退職コンシェルジュはCREED BANK株式会社という法人が運営している社会保険給付金サポートのサービス名です。

CREED BANK株式会社は設立から5年以上経っている企業で、退職コンシェルジュのサービスだけでも3年以上継続し、すでに1,100人の実績があるため実績は申し分ありません。

事業内容は社会保険給付金サポートだけではなく通信や不動産、Web事業も手掛けていて安定的と言えますし、実態のないような怪しい会社では決してありませんのでご安心ください。

弁護士と社会保険労務士を顧問にした上でサービスを運営していますし、会社の信頼性についてもまず問題ないでしょう。

CREED BANK株式会社の会社概要
会社名 CREED BANK株式会社
設立 2016年9月2日
代表者名 磯田 幸四郎
社員数 15名(2020年2月1日現在)
資本金 35,000,000円(資本準備金含む)
所在地 〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-14-8 東海池袋ビル8階EAST
登録・許可・免許 《宅地建物取引業者免許番号》東京都知事(1)第101693号
《有料職業紹介事業許可番号》13-ユ-309378
《プライバシーマーク付与事業者登録番号》第10862685(01)号
事業内容

·        人材事業

有料職業紹介 / 退職コンシェルジュ

·        通信事業

法人携帯 / Pocket Wi-Fi

·        不動産事業

投資用マンション / 住居用賃貸

·        クリエイティブ事業部

グラフィック / WEB制作 / 動画制作

顧問弁護士 弁護士法人V-spirits法律事務所
顧問社会保険労務士 社会保険労務士事務所タスクフォース

まとめ

社会保険については強制加入で保険料が月々引かれる点や、複雑な点はデメリットです。

社会保険給付金を受け取ること自体のデメリットはありませんが、申請が大変で受け取ることが難しいこともデメリットと言えます。

一方で社会保険給付金についてはプロのサポートを受けることも可能です。

条件が合っているにも関わらず申請しないことが一番もったいないため、ご自身の状態に合わせてプロのサポートを受けながらも社会保険給付金を受け取ることをおすすめします。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「辞めるんです」・・・24時間対応で即日辞めたい人におすすめ。退職率100%&7,000件実績があり、後払いにも対応している。27,000円(税込)

  2. 「退職代行Jobs」・・・弁護士よりも安価に未払い給与の請求や有給消化も交渉して欲しい人におすすめ。合同労働組合ユニオンジャパンと提携。退職代行27,000円+2,000円(※労働組合費)

  3. 「弁護士法人みやび・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求もあわせてサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金