社会保険は非常に複雑ですので、自分がどれくらい払っているのか、どのような場合に給付金を受け取れるのかきちんと把握している方はほぼいないでしょう。

しかしハラスメントや病気などで退職をして働けなくなった時こそ、今まで保険料を支払ってきた分、しっかりとお金を受け取りたいですよね。

ここでは現役社労士の筆者が、社会保険給付金について解説いたします。

ぜひ参考にしてみてください。

プロがおすすめする社会保険給付金サポート

 

「仕事を辞めたいけれど、退職後の生活を考えるとなかなか踏み出せない・・・。」

 

「退職後に失業保険や傷病手当を受給したいけど、申請の方法や受給要件がよくわからない・・・。」

 

今の会社を辞めたいと考えていても、退職後のお金の不安で一歩を踏み出せない人は多いです。

 

退職後に活用できる保険や給付金については、そもそも知らない人が多い上に、申請方法や条件がわかりづらく諦めてしまった人もいるはず。

 

そういった人にぜひ活用して欲しいのが、退職後の悩みを総合的にサポートしてくれる「退職コンシェルジュ」です。

 

 

退職後、最大28か月の長期に渡り社会保険(失業保険+傷病手当)給付金が受け取れるよう丁寧にサポートしてくれます。

 

退職コンシェルジュに支払う手数料は、実際にもらえた給付金の10%-15%であるため損をするリスクはありません。

 

  • 社会保険に1年以上加入している20歳~54歳
  • 転職先が決まっていない
  • 退職日が本日から2週間以上3ヶ月未満

 

上記の3つの条件を満たす人であれば退職後に数百万円の給付金を受給できる可能性があるので、損をしないためにもぜひ気軽に相談してみてください。

 

社会保険給付金とは?

社会保険給付金とは、社会保険に1年以上加入してきた人を対象に、病気などで働けない場合にお金がもらえる国の制度のことです。

社会保険と一概に言っても、定義や分類によって指すものは異なります。

健康保険、厚生年金保険、介護保険、雇用保険の4つについては労働者の賃金から月々保険料が控除されていて、例えば失業手当というのは正式には雇用保険における基本手当のことになります。

このように複数の社会保険を組み合わせて、本人の状況に合わせて給付金を受け取ることができるのです。

社会保険給付金の受給条件

社会保険給付金が何を指すかは人によって異なりますが、1年以上社会保険に加入していることが最低条件となります。

被保険者期間や年齢によっても受給期間が異なりますし、症状によって受け取れる種類も変わります。

社会保険給付金(傷病手当金)が支給される条件

社会保険給付金が傷病手当金である場合の条件についてお伝えいたします。

傷病手当金が支給される条件は以下の3つになります。

  1. 被保険者が病気やけがのために働くことができない状態になる
  2. 3日間連続して会社を休む
  3. 休む期間において事業主から傷病手当金の額より多い報酬額の支給を受けない

この3つの条件を満たしている場合、連続して3日間休んだ後の4日目以降から、休んだ日に対して傷病手当金が支給されます。

社会保険給付金(傷病手当金)の支給額は「支給開始日の以前12ヵ月間の各標準報酬月額を平均した額」÷30日×(2/3)

社会保険給付金(傷病手当金)の1日当たりの金額は以下の式で決まります。

「支給開始日の以前12ヵ月間の各標準報酬月額を平均した額」÷30日×(2/3)

支給開始日とは最初に傷病手当金が支給された日のことを指します。

社会保険給付金は傷病手当金だけでも最長1年6ヵ月間もらえる

社会保険給付金は、傷病手当金だけでも支給が開始された日から数えて1年6ヵ月もの間もらえます。

長い間お金がもらえて安心ですよね。

ただし支給期間は1年6か月ですが、消滅時効もあるため注意はしてください。

社会保険給付金は最大28か月もらえる?

失業保険(正式には雇用保険における基本手当)だけならば、最短で3か月、会社都合退職の場合は最長で11か月ほど給付を受けることが可能となります。

これに加えて、傷病手当などを組み合わせることで、人によっては最大28か月もらえることはできると言えます。

ただし複数の社会保険を理解して申請する必要があるため、個人だけで28か月もらい続けるためには相当な労力や専門知識が必須となるでしょう。

社会保険給付金をプロにサポートしてもらえるサービス「退職コンシェルジュ」

社会保険給付金は複雑であるため、加入者の0.5%しか受給できていないというデータもあります。

全てを網羅して熟知している人は、私のような社労士くらいだと言えます。

最大28か月お金がもらえる社会保険給付金サポート「退職コンシェルジュ」

失業手当だけでも個々人の条件によって受け取れる期間や条件は異なりますし、他の社会保険を最適に組み合わせるとなるとプロのサポートは必要でしょう。

複数の社会保険を本人に合わせてアドバイスすることで、最大限に給付を受けられるようにする、社会保険給付金サポートというサービスがあります。

退職コンシェルジュというサービスがおすすめですが、プロのサポートを受けることで、最大で28か月もの間、働かなくても給付を受けられるケースまで存在します。

個人で社会保険を熟知して達成することはほぼ不可能ですし、労力や時間もコストと考えると、すでに1,100人の実績があるプロに依頼した方が効率的と言えるでしょう。

退職コンシェルジュのサービス概要

社会保険給付サポートサービスでは退職コンシェルジュがおすすめです。

サービス開始から3年以上が経っており、1,100人の実績がありながらトラブルはゼロ、満足度は98%としています。

気になる手数料ですが実際に受け取った給付金の10-15%という設定ですので、サポート代金は払ったけれど給付金が受け取れないようなリスクはなく、金銭的に得しかしないサービスとなっていますよね。

万が一給付金を受け取れなかった場合は全額保証も付いていますので安心です。

社会保険給付金を一人で最大限に利用するには相当な時間と労力、専門知識が必要となりますので、事実上不可能な申請をプロにサポートしてもらうことは有益と言えるでしょう。

申請しなければゼロであったところを、ケースによっては総額で500万円以上合法的に給付金を受け取れる可能性もあるようで、非常に大きなメリットですよね。

退職コンシェルジュの運営会社情報

退職コンシェルジュはCREED BANK株式会社が運営している社会保険給付金サポートサービスです。

CREED BANK株式会社は設立から4年以上経っている会社ですし、退職コンシェルジュだけでも3年以上継続し、すでに1,100人の実績があります。

事業内容は退職コンシェルジュだけではなく通信や不動産、Web事業も手掛けていて安定していると言えます。

弁護士と社会保険労務士を顧問にした上でサービスを運営していますし、会社の信頼性についても問題ないでしょう。

CREED BANK株式会社の会社概要
会社名 CREED BANK株式会社
設立 2016年9月2日
代表者名 磯田 幸四郎
社員数 15名(2020年2月1日現在)
資本金 35,000,000円(資本準備金含む)
所在地 〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-14-8 東海池袋ビル8階EAST
登録・許可・免許 《宅地建物取引業者免許番号》東京都知事(1)第101693号
《有料職業紹介事業許可番号》13-ユ-309378
《プライバシーマーク付与事業者登録番号》第10862685(01)号
事業内容

·        人材事業

有料職業紹介 / 退職コンシェルジュ

·        通信事業

法人携帯 / Pocket Wi-Fi

·        不動産事業

投資用マンション / 住居用賃貸

·        クリエイティブ事業部

グラフィック / WEB制作 / 動画制作

顧問弁護士 弁護士法人V-spirits法律事務所
顧問社会保険労務士 社会保険労務士事務所タスクフォース

まとめ

社会保険給付金とは、社会保険に1年以上加入してきた人が、病気などで働けなくなった時に受け取れるお金のことです。

一概に社会保険、給付金と言っても、対象の人によって該当するものは非常に細かく分類されます。

一人で最大限に社会保険給付金を受け取ることは相当な難易度と手間ですので、プロのサービスを活用することもおすすめできるでしょう。

病気の治療などに専念するためにも、手間なくお金を受け取りお金の心配を無くすことは重要かもしれませんよね。

ぜひチェックしてみてください。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「辞めるんです」・・・24時間対応で即日辞めたい人におすすめ。退職率100%&7,000件実績があり、後払いにも対応している。27,000円(税込)

  2. 「退職代行Jobs」・・・弁護士よりも安価に未払い給与の請求や有給消化も交渉して欲しい人におすすめ。合同労働組合ユニオンジャパンと提携。退職代行27,000円+2,000円(※労働組合費)

  3. 「弁護士法人みやび・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求もあわせてサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金