新卒で入社した会社が、入社前の労働条件と異なっていることや、上司がハラスメントを行っていることはあります。

とても残念なことですが、社会とはこんなものだと諦めることはおすすめしません。

人材価値があるうちに退職代行を使ってでも退職すべきでしょう。

ここでは人事歴9年の筆者が退職したい新卒の方に人事アドバイスを行います。

ぜひ参考にしてみてください。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「辞めるんです」・・・24時間対応で即日辞めたい人におすすめ。退職率100%&7,000件実績があり、後払いにも対応している。27,000円(税込)

  2. 「退職代行Jobs」・・・弁護士よりも安価に未払い給与の請求や有給消化も交渉して欲しい人におすすめ。合同労働組合ユニオンジャパンと提携。退職代行27,000円+2,000円(※労働組合費)

  3. 「弁護士法人みやび・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求もあわせてサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金

退職代行は新卒でも使える

退職代行サービスとは、業者を挟んで退職の意志を伝えることによって、最短即日で会社を辞めることができるサービスです。

新卒の1年目の方でも使うことができます。

やる気に満ちていた場合は残念ではありますが、第二新卒が使えるうちに決断することも重要となります。

新卒でも退職代行を使うべきケース

新卒だとしても退職代行を使うべきケースはありますのでご説明します。

新卒でも退職代行を使うべきケース1.入社したら労働条件が異なった

入社をする前に聞いていた賃金や労働時間などの労働条件が、実際に入社してみると異なることがありますよね。

これは仕方がないどころか法律違反になります。

労働基準法第15条において、労働条件が異なる場合は即時退職できることになっていますし、それによって帰郷のための旅費が必要となれば使用者が負担することに定められています。

入社したら労働条件が異なることは紛れもなく契約違反です。

新卒でも退職代行を使うべきケース2.パワハラやセクハラが横行している

明らかなパワハラやセクハラが見かけられるような会社はすぐにでも退職すべきでしょう。

パワハラやセクハラに耐えるという行為はあなたの人材価値を一切高めませんし、健全な職場でスキルや経験を磨いた同期とたった数年で大きな差がついてしまいます。

最初の数年は長期的なキャリアにおいてとても重要なため、ハラスメントに悩んで浪費してしまうことはとてつもない無駄と言えます。

新卒でも退職代行を使うべきケース3.退職を拒否された

すでに退職を決意して退職を伝えた方がいるかもしれませんが、退職を拒否するようなブラック企業もあるのが現実ですよね。

企業は従業員の退職を拒否することはできません。

民法第627条によって期間の定めのない従業員は退職できるよう規定されているためです。

会社独自の規定がある、上司の承認が必要、退職には半年かかるなど会社側が言ってきたとしても不当であると言えます。

新卒でも退職代行を使うべきケース4.上司や上の人たちのようになりたくない

特に新卒の方は、上司や会社の上の人たちをしっかりと見定める必要があります。

あっと言う前に自分も上司たちのようになってしまうからです。

もちろん上司が尊敬できて、そのような社会人になりたいと思えるのならば食らいついていく選択肢も良いでしょう。

しかし人としても能力としても絶対になりたくないような人間しか上にいない場合、そのような会社はすぐにでも辞めるべきと言えます。

人は思考や行動が環境に染まる生き物ですので、特にまだ右も左も分からない新卒の方は環境に大きく左右されてしまいます。

石の上にも3年いたら今の上司のようになってしまうと考えて、ぜひ思考停止になる前に違和感や直感を大事にして判断してみてください。

新卒でも退職代行を使うべきケース5.スキルが身に付かない

新卒で入った会社で少し働いてみて、このままでは大したスキルが身に付かないと焦る方はいますよね。

筆者も全く同じ経験をしたためよく分かります。

スキルが身に付かない相談を周りにすると、最初は下積みが大事、最初の3年は何も考えずに仕事をすべきなどという考えを聞かされました。

年配の人によってはスキルという考え方自体がなく、会社から言われたことをやっていれば定年まで雇ってもらえると今でも思っている人までいて驚いた記憶があります。

時代は完全に変わり、様々な調査からも、人生は20代で決まると言われていますよね。

20代は大卒の場合6年ほどしか働かないですから、そのうちの大半をスキルが身に付かない雑務に費やしてしまうのはあまりにもったいなく、人生を大きく左右しかねません。

スキルが身に付かない焦りは極めて正しいと今なら断言できますし、そのような会社からはすぐにでも移るべきだとアドバイスできます。

新卒におすすめの退職代行サービス

新卒で退職することは残念なことでもありますが、長期的なキャリアや人材価値を損なわないために、すぐにでも退職すべきケースはあります。

ここでは新卒でもおすすめの退職代行サービスをご紹介いたします。

新卒におすすめの退職代行サービス1.辞めるんです

相談可否 回数無制限
料金 27,000円(完全成果報酬)
オプション 有給サポート
退職までの日数 即日退職
顧問弁護士 不明
実績 7000件
退職率 100%

辞めるんですは安い水準の料金、オプションとして有給サポートが付いていること、即日退職可能、7000件という実績、退職成功率が100%と、総合的にとてもおすすめできる業者です。

特に新卒の方におすすめできるのが、料金が完全成果報酬になっている点です。

まだ給料があまり振り込まれていない方も、先払いではなく成果報酬で支払えばよいので安心ですよね。

さらにクレジットカードを使うことで、先払いの場合と比べて最大2か月以上も支払いを遅くすることが可能です。

相談も回数無制限でできるため若い方に大きなメリットでしょう。

辞めるんですの運営会社概要

商号 LENIS Entertainment株式会社
代表者 早川大騎
事業内容 IT事業、広告事業
所在地 東京都新宿区高田馬場4-18-15第2中村ビル

新卒におすすめの退職代行サービス2.退職代行ニコイチ

相談可否 回数無制限
料金 27,000円(退職できなければ返金保証)
オプション 有給消化、2か月アフターフォロー
退職までの日数 即日可能
顧問弁護士 不明
実績 19000人以上
退職率 100%

退職代行ニコイチは19,000人以上の退職実績がすでにありますし、退職率も100%としていますので、確実に辞められます。

新卒でどれだけのブラック企業に入ってしまったとしても、安心してすぐにでも退職できるでしょう。

料金は27,000円と退社と比べても安く、有給消化オプションと2か月間のアフターフォローも付いていますので、総合的にも問題ないおすすめ退職代行サービスです。

退職代行ニコイチの運営会社概要

会社名 株式会ニコイチ社
創業 2004年
退職代行店舗名 退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチの公式サイトを見る

新卒におすすめの退職代行サービス3.退職代行ガーディアン

相談可否 可能
料金 29,800円
退職までの日数 即日
顧問弁護士 労働組合
退職率 100%

退職代行ガーディアンは労働組合法人が運営をしていますので、団体交渉権を使い通常の退職代行業者ではできない交渉が可能となります。

新卒とは言え残業代はきちんともらう権利がありますので、退職代行ガーディアンに依頼すれば未払い残業代をしっかりと回収できる可能性があります。

これだけでも10万円以上回収できる場合がありますし、そうなれば退職代行料金なんて全く気にならないですよね。

退職代行ガーディアンの運営元の労働組合は1999年設立という実績がありますので、安心してどなたでも依頼することができるでしょう。

退職代行ガーディアンの運営会社概要

会社名 東京労働経済組合 (略称:TRK)
所在地 〒114-0002
東京都北区王子4-24-11 IKビル501
連絡先 TEL :03-6903-3278
FAX :03-6903-3279
代表取締役 長谷川 義人
設立 1999年9月27日
法人番号 8011305000569

退職代行ガーディアンの公式サイトを見る

新卒におすすめの退職代行サービス4.退職代行SARABA

相談可否 回数無制限
料金 25,000円(税込)(退職できなければ返金保証)
オプション

交渉可能(未払い給与、残業代、退職日の調整)

無料転職サポート

退職までの日数 即日可能
顧問弁護士 労働組合
実績 6000件

退職代行SARABAは何十社とある退職代行サービスの中でもスペックの高いおすすめサービスです。

特に労働組合が運営しているため、通常の法人では非弁行為となってしまう未払い給与や残業代、退職日の調整などの交渉が可能となります。

さらに無料転職サポートも付いているため、新卒の方や若い方にはぜひおすすめできる内容となっています。

退職代行SARABAの運営会社概要

会社名 株式会社スムリエ
代表 上谷美幸樹
所在地 〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神3丁目10-32 ロゼ天神303
電話番号 0120-987-776
労働組合名 退職代行SARABAユニオン
執行委員長 岡本大輝

退職代行SARABAの公式サイトを見る

新卒におすすめの退職代行サービス5.退職のススメ

相談可否 可能
料金 25,000円(全額補償)
オプション 有給取得サポート、再就職サポート
退職までの日数 即日
顧問弁護士 弁護士監修
実績 10000件以上
退職率 100%

退職のススメはお金のない新卒にも嬉しい、25,000円と相場より料金が安くなっています。

また万が一辞められなくても全額保証となっているので安心できますよね。

有給取得サポートや再就職サポートまで付いているため、新卒で退職を考えている方にはとてもおすすめできるでしょう。

退職のススメの運営会社概要

会社名 株式会社ワークナビ.com
所在地 東京オフィス 〒141-0032 東京都品川区大崎1丁目19-10 田中ビル 1F
名古屋オフィス 〒457-0806 愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通8丁目16 第2小林ビル 4F
仙台オフィス 〒980-0802 宮城県仙台市青葉区二日町17-19 ラサキビル二日町 4F
埼玉オフィス 〒360-0853 埼玉県熊谷市玉井5丁目1 ウィンウィル光ビル 201
沖縄オフィス 〒903-0804 沖縄県那覇市首里石嶺町1丁目147-1 サントピア城北 303
連絡先 TEL : 052-613-9731 / FAX : 052-613-9732
代表取締役 久保田 長成
設立 2013年12月5日
資本金 2,000万円

退職のススメ公式サイトを見る

新卒で退職代行を考えている人に人事キャリアアドバイス

新卒で退職代行を考えている人の中には、これから先どうすればよいのか迷っている方もいますよね。

配属や上司がハズレだったことはあなたのミスではなく、運が無かっただけです。

最後にキャリアにおいて大切なことをお伝えいたします。

新卒で退職代行を考えている人へのアドバイス1.キャリアは20代で決まる

キャリアは20代で決まると言われています。

人生すら20代で決まるという方も多いですし、30代の筆者もまさにそのように感じています。

なぜキャリアは20代で決まるのかというと、企業は30歳を超えた未経験者をほとんど採用しないからです。

新卒で退職代行を考えている人へのアドバイス2.転職は何をやってきたのかという過去で決まる

大半の方が勘違いをしていますが、新卒と転職の採用基準は全く異なるのです。

新卒の時はこれから活躍できるかと未来を見ますが、転職の時は何をやってきたのかという過去を見られます。

30代を超えて大した経験やスキルがない場合、どれだけやる気をアピールしたとしても無駄で、経験がある他の候補者や、経験がないならば若い人を採用します。

20代というのはそれだけ貴重であり、人生を決めるといっても過言ではないわけです。

新卒で退職代行を考えている人へのアドバイス3. 20代は一瞬のため絶対に無駄にしない

20代といっても大卒の場合は6年ほどしか働きません。

その6年間を無駄な仕事や人間関係に使ってしまった場合、人生はもう取り返しがつかなくなってしまうのです。

入社した会社で一生を終えるまで面倒を見てもらえる昭和の時代の「石の上にも三年」は、今の若い人には真逆のアドバイスとなってしまうわけですよね。

新卒で辞めた人にだけある「第二新卒」というカードは実はとてつもなく貴重なものだとぜひ理解してください。

惰性であっという間に先が無くなる前に、参考にしてもらえたら幸いです。

新卒で退職代行を考えている人へのアドバイス4.「若さ」は最強の武器

30歳を過ぎてくると、転職の際は実力や実績で判断されていきます。

やる気や意欲といった実態のないものではなく、すでに存在するもので決められるわけですよね。

しかし新卒など若い人の場合は、若さという最強の武器があるのです。

若さはどれだけ頑張っても手に入れられないものですし、実力や実績がなくても若さでカバーできることも非常に多いのが現実です。

どうぞかけがえのない若さをムダにしないように、今すぐ行動することをおすすめいたします。

新卒に社内異動や社内転職はおすすめしない

仕事やめたいと悩む新卒の方で、同じ会社での他の部署ならどうか、他の業務ならどうかと社内異動を考えて相談する方もいるでしょう。

小さい会社やベンチャー企業ならば社内異動などありませんが、数千人から数万人という大きな企業ならば、新卒でも社内異動や社内における転職のようなものは一見選択肢になるかもしれません。

もし違う人たちと違う仕事ができれば、仕事やめたいような状況も変わるかもしれないと新卒の方は考えますよね。

社内での異動制度がある会社は増えてきましたし、社外に転職するよりはまだハードルは低いかなと感じる若い方も多いため、東証一部の大企業で人事を長年やってきた筆者からアドバイスいたします。

業界や会社が変わるわけではないので仕事やめたい状況は結局変わらない

結論からお伝えすると、残念ですが仕事やめたいと悩む新卒の方に社内異動はあまりおすすめできません。

仮に部署や業務が変わったとしても、所詮は同じ業界の同じ会社内での話ですし、実はほぼ何も変わらないのが現実と言えます。

同じ一連の仕事において担うプロセスが変わるというだけのことですし、会社の社風や社員のレベル、ビジネスモデル、大事な給料、仕事の面白さも大差ないことがほとんどでしょう。

新卒の方が会社を辞めたい根本の原因は社内異動では解決されないのです。

またあなたが仕事やめたいとして異動を希望したことや社内転職に応募したことは、当然新しい職場の先輩たちも分かるわけで、「なぜ異動してきたのか」「前はどうだったのか」という理由は最も関心を持たれますよね。

異動先の上司ならばあなたのこれまでの評価を確実に見られますので、あなたが上司や先輩ならば、仕事をやめたいけれど転職が怖いからという理由で異動してきた新卒に期待しますか?

仕事辞めたいけど転職まではしたくないから、前が上手くいかなかったから異動したというネガティブな話が広まる恐れは十分に高いのが社内なのです。

異動元はすぐ異動したい新卒をよく思わない(異動できなくて残るのもきつい)

どんな会社においても人の噂は瞬く間に広がるもので、社員が数千人や数万人といるような超大企業でも、結局様々なことが知れ渡ってしまうのが現実なのだと、10年以上仕事をしている筆者の経験からも断言できます。

注意すべきは、あなたの異動元は当然良い気持ちはしないわけですから、あなたが新卒として仕事やめたいながらに頑張っていたとしても、根も葉もない噂が新しい部署まで届いてしまうことは頻繁に起きます。

仮に先輩や上司に相談などしていたら全て漏れてしまいますよね。

新卒は異動できたとしても別部門の一番下っ端をやるだけ

また異動できたとしても何かが劇的に変わるわけではなく、環境が変わるストレスに対して得られるものは少ないのです。

新卒でまた新しいところから再スタートですから、出世が同期と比べて大きく遅れることもほぼ確実でしょう。

結果的にさらに辞めたくなる可能性も大いにあります。

社内異動では業界、社風、給料、就業規則が変わるわけではない(繰り返しているうちに人材価値は急落する)

さらに社内異動をしたとしても新卒の安い給料が変わるわけではないですし、むしろ新しい場所になるわけですから出世も遅くなります。

気づいていない方が多いですが、異動をすればそれだけ経験が遅れているわけで、出世が遅れて同期よりすら安い給料で働く可能性が高いでしょう。

社風や就業規則が変わって理想の働き方ができるわけでもないですし、新卒の方が仕事を辞めたい本質は一切変わりません。

単に同じ会社の中で別の人と別の仕事(新卒のため一番の雑務)をやらされるだけで、辞めたい会社や環境が根本的に変わるわけではありませんよね。

一度同じ会社内で上手くいかないと、サラリーマンとしてどんどん上手くいかない可能性の方が高くなっていきますし、社内異動をしたり相談をしたところで解がありません。

新卒は社内異動より第二新卒の方がはるかによい

社内異動では残念ながら仕事辞めたい現実は変わらないどころか、社内異動すら失敗し続けることで人生全体にも影響を与えます。

だらだらと何年もの間、社内異動をしてはやはり変わらない、やっぱり辞めたいと繰り返すと人材価値が急落していきます。

サラリーマンとして取り返しがつかなくなる前に、きっぱりと決断した方がはるかに人生は好転するというのが人事アドバイスです。

まとめ

新卒で退職したいと伝えると周りは心配になるかもしれませんが、長期的なキャリアを考えると間違えたと思ったらすぐにでも会社は辞めるべきです。

第二新卒のカードが使えるうちに素早く新しい会社を探す方が賢明と言えます。

新卒におすすめの後払いや転職サポートの付いた退職代行サービスをご紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「辞めるんです」・・・24時間対応で即日辞めたい人におすすめ。退職率100%&7,000件実績があり、後払いにも対応している。27,000円(税込)

  2. 「退職代行Jobs」・・・弁護士よりも安価に未払い給与の請求や有給消化も交渉して欲しい人におすすめ。合同労働組合ユニオンジャパンと提携。退職代行27,000円+2,000円(※労働組合費)

  3. 「弁護士法人みやび・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求もあわせてサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金