この数年で誕生してあっという間に50社以上の業者が生まれているのが、「退職代行サービス」です。

退職代行サービスを使うことで、会社に直接退職を伝えなくても辞めることができます。

上司と顔を合わせる必要もないですし、備品も郵送で送り返せば最短即日で辞められます。

心身の健康を守ることが最優先ですので、ブラック企業やハラスメントで悩む方などにはおすすめできます。

一方で料金はどれくらいなのか、退職した後は本当に大丈夫なのかなど不安な点もあるでしょう。

ここでは人事歴9年の筆者が退職代行を使って辞める手順や、注意点まで徹底的にお伝えしたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「退職代行Jobs」・・・労働組合と連携していて会社との交渉もサポートして欲しい人におすすめ。退職完了まで期間無制限でフォローしてくれる。27,000円+2,000円(※労働組合費)

  2. 「弁護士法人みやび」・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求までサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金

退職代行とは?人事歴9年の筆者目線でわかりやすく解説

退職代行とは業者に頼んで会社に退職の意志を伝えてもらい、本人は出社をすることや退職の話をしなくても会社を辞められるサービスです。

会社が従業員の退職を拒否することは労働法上もできないのですが、法律などお構いなしのブラック企業は残念ながら少なくありません。

辞めると言ったら何をされるか分からない人や、上司に会うだけで鬱になってしまうほど追い込まれてしまった人もいるでしょう。

退職代行サービスとは専門業者や弁護士法人、労働組合などを介して、会社を辞めるための手段です。

退職代行の相場は30,000円ほど

退職代行サービスで気になるのが料金だと思いますが、相場は30,000円ほどです。

安くて25,000円、多いのが27,000円の価格です。

一方で弁護士法人に頼むと50,000円ほどが相場のため、ただ会社を辞めたいだけの方にはおすすめしません。

ただし弁護士でなければできない未払い賃金の交渉や請求もしたいという方は、むしろ非弁行為となってしまうため弁護士に頼むようにしましょう。

退職代行ならば最短即日2度と出社せずに退職できる

退職代行サービスは辞めたい人と会社の間に業者が入り、退職の意志を代わりに伝えて退職させる仕組みです。

退職代行を使えば最短で即日、本人は2度と出社することなく退職が可能です。

会社から借りているパソコンなどの備品についても業者が代わりに送り返してくれるなど、本人は一切会社と関わらなくて済むことは大きなメリットですよね。

上司と会うだけで耐えられないという方でも安心して即座に辞めることができるでしょう。

退職代行を使うことによる不利益はない

誤解している方や会社も多いですが、退職代行を使うことは通常の退職と変わらない扱いとなるため、使ったことで不利益を被ることは原則ありません。

退職代行を使ったことで有給休暇が消えるわけではありませんし、懲戒解雇扱いとなることも不当であるため、退職金がある場合はしっかりと規定通り受け取れるはずです。

有給休暇や規定に書かれている退職金については会社が恣意的に減らすことや無くすことはできず、労働法で厳密に決められています。

労働法は強行法規ですので会社固有のルールより優先されますよね。

不当な不利益を被らないためにも、実績豊富な退職代行サービスを使うことをおすすめします。

退職代行のその後は?本当に問題は起きないの?

退職代行で辞めたそのあとは、本当に何も問題はないのでしょうか?

人事歴9年の筆者の視点でわかりやすく解説しておきましょう。

退職代行のその後は、基本的に通常の退職と同じ

退職代行は、通常の退職に必要な退職の意志を伝えるというプロセスを業者に依頼する形ですので、退職代行で辞めたからと言って特別なことはありません。

通常通りに会社を辞めて次の人生を進むことができます。

辞めた以上はもう自由です。

ブラック企業は架空の賠償請求のケースも

非常に稀ではありますが、ブラック企業の中には辞めた社員に賠償請求をしてくるケースもあります。

実際に裁判になることはさらに稀ですが、脅迫のような文書を送り付け、辞めたことで損害が出たから支払えといった脅しをしてきます。

多くの場合は無視していればよいのですが、執拗に脅してくるブラック企業や実際に訴えるなどとなった場合は弁護士に相談しましょう。

退職後に家に来られるなどは弁護士に相談

普通では考えられないことですが、あまりにも常識がない若い会社や少数の会社、ブラック企業などでは、退職をしたあとも家に来て、引き戻そうとしたり脅したりすることもあるようです。

勝手に家の中にまで押しかけるような場合は警察に相談すべきですし、断っているにも関わらず何度も家に訪ねてくるようであれば弁護士に相談しましょう。

不法行為として損害賠償請求できる可能性もあります。

どちらにしろ退職代行を超えた話であり、異常な会社と言えるので注意してください。

退職代行で辞める5つのステップ

退職代行で辞める具体的なステップをお伝えします。

より詳細はサービスごとで異なりますが、

  1. 退職代行サービスに無料相談
  2. 退職代行サービスに申し込み
  3. 退職代行サービスに情報を伝える
  4. 退職代行サービスが会社に退職意志を伝える
  5. 退職届や社員証などを郵送して完了

今回紹介する5つのステップで、一般的なイメージをつかんでもらえればと思います。

退職代行で辞めるステップ1.退職代行サービスに無料相談

先ずは退職代行サービスに無料で相談をしましょう。

ほとんどの退職代行サービスが最初の相談は無料ですし、ここから料金を取るところはおすすめしません。

初めから弁護士に頼むほどの案件であれば、30分5,000円が相場で弁護士相談も可能です。

退職代行で辞めるステップ2.退職代行サービスに申し込み

業者を決めたら申し込みを行います。

業界には50社以上の業者がありますが、完全成果報酬は1社、相談と審査によって後払いが可能な業者は数社のみあります。

一般的には先に支払いすることになるでしょう。

ただし万が一退職できなかった場合に返金保証している業者は多いです。

業者を選ぶ際に返金保証有無は確認することをおすすめします。

退職代行で辞めるステップ3.退職代行サービスに情報を伝える

退職代行の業者があなたの代わりに退職の意志を伝えられるよう情報を伝えます。

会社名、部署名、上司名などです。

業者に対して必要な情報を伝えればあとは待つだけです。

退職代行で辞めるステップ4.退職代行サービスが会社に退職意志を伝える

退職代行サービスの仕事として、あなたの会社に退職意志を伝えます。

ここで業者のサービス内容やオプションによって、ただ退職を伝えるだけなのか、有給休暇や未払い賃金の交渉と請求までするのかなどが異なってきます。

一般的な業者ならば非弁行為となってしまうため退職を伝えるだけとなるでしょう。

退職代行で辞めるステップ5.退職届や社員証などを郵送して完了

退職が決まれば通常の退職プロセスと同じく、退職届や社員証などを郵送して終わりです。

退職率は大半の業者で100%としていますし、すでに実績のある退職業者に依頼すればまず退職できないことはないでしょう。

退職フォローのあるおすすめ退職代行サービス4選

最後に退職フォローも付くなど総合的におすすめできる退職代行サービスをご紹介します。

今回は退職フォローのあるおすすめの退職代行サービスである

  • 退職代行ガーディアン
  • 退職代行ニコイチ
  • 退職代行Jobs
  • 退職代行SARABA

を紹介していくので参考にしてもらえたらと思います。

退職フォローのあるおすすめ退職代行サービス1.退職代行ガーディアン

相談可否可能
料金29,800円
退職までの日数即日
顧問弁護士労働組合
退職率100%

退職代行ガーディアンは総合的に優れた退職代行で最もおすすめできる1社です。

労働組合法人が運営している数少ない退職代行サービスですので、一般の法人が運営している退職代行では不可能な(非弁行為となるため)交渉ができる大きなメリットがあります。

労働組合運営の最大の強みとして、憲法によって「団体交渉権」が与えられています。

これにより一般の法人では非弁行為となってしまう企業との交渉を、労働組合ならば実施することができるわけですよね。

これにより企業が何を言ってきたとしても退職できることはもちろんのこと、サービス残業が続いていて本来もらえるはずの賃金がある場合や、辞めることで不当に減らされかねない有給休暇や退職金などをしっかりと主張して、場合によっては数十万円と返ってくる可能性すらあるでしょう。

交渉できる大きなメリットはありますが、退職代行の料金は相場通りですし、総合的にとてもおすすめできる退職代行サービスとなっています。

退職代行ガーディアンの運営会社概要

会社名東京労働経済組合 (略称:TRK)
所在地〒114-0002
東京都北区王子4-24-11 IKビル501
連絡先TEL :03-6903-3278
FAX :03-6903-3279
代表取締役長谷川 義人
設立1999年9月27日
法人番号8011305000569

退職代行ガーディアンの公式サイトを見る

退職フォローのあるおすすめ退職代行サービス2.退職代行ニコイチ

相談可否回数無制限
料金27,000円(退職できなければ返金保証)
オプション有給消化、2か月アフターフォロー
退職までの日数即日可能
顧問弁護士不明
実績

30,000人以上

退職率100%

退職代行サービス業界において、実績面では退職代行ニコイチがトップの1社と言えるでしょう。

運営会社は創業から15年が経っていますし、今まで30,000人以上を退職させてきたようです。

バイトでも利用できますし、退職率は100%と確実ですのでどなたにもおすすめです。

どんな業態や業種だとしても、またブラック企業もたくさんある中での実績ですので、確実に辞められるノウハウがあるということでしょう。

さらに2か月のアフターフォローがオプションとして付いています。

万が一退職に失敗したとしても返金保証もしっかり付いていますので、安心して頼むことができますよね。

退職代行ニコイチの運営会社概要

会社名株式会ニコイチ社
創業2004年
退職代行店舗名退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチの公式サイトを見る

退職フォローのあるおすすめ退職代行サービス3.退職代行Jobs

相談可否退職代行利用者への無料カウンセリング特典
料金29,800円(後払い相談で可能)
オプション無料カウンセリング
顧問弁護士第二東京弁護士会所属弁護士 西前啓子

退職代行Jobsは顧問弁護士も付いている安心の退職代行サービスです。

料金については相談次第で後払いも可能としています。

さらに退職代行利用者には無料のカウンセリングが付いています。

他社にはない特典ですし、退職後のケアも含めておすすめできる業者と言えるでしょう。

退職代行Jobsの運営会社情報

商号株式会社アレス
顧問弁護士第二東京弁護士会所属弁護士 西前啓子
所在地〒533-0006
大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202

退職代行Jobsの公式サイトを見る

退職フォローのあるおすすめ退職代行サービス4.退職代行SARABA

相談可否回数無制限
料金25,000円(税込)(退職できなければ返金保証)
オプション

交渉可能(未払い給与、残業代、退職日の調整)

無料転職サポート

退職までの日数即日可能
顧問弁護士労働組合
実績6,000件

退職代行SARABAは労働組合が運営している総合的にスペックの高いおすすめサービスです。

すでに6,000件の実績があり退職できなければ返金保証も付いています。

追加費用なしで交渉できることは非常にお得ですし、無料転職サポートまで付帯していることは特徴的ですよね。

欠点のないとてもおすすめできる退職代行と言えます。

退職代行SARABAの運営会社概要

会社名株式会社スムリエ
代表上谷美幸樹
所在地〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神3丁目10-32 ロゼ天神303
電話番号0120-987-776
労働組合名退職代行SARABAユニオン
執行委員長岡本大輝

退職代行SARABAの公式サイトを見る

まとめ

いろいろな事情ですぐにでも会社を辞めたいが直接退職を伝えることができないという人に、退職代行サービスはおすすめできます。

自分の身を守るのが一番ですので業者を介するメリットもあるでしょう。

退職代行を使おうと原則通常の退職フローと変わりありません。

何十社と存在する退職代行サービスの中でも本当におすすめできる業者のみお伝えしました。

悩んでいる方はぜひ無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「退職代行Jobs」・・・労働組合と連携していて会社との交渉もサポートして欲しい人におすすめ。退職完了まで期間無制限でフォローしてくれる。27,000円+2,000円(※労働組合費)

  2. 「弁護士法人みやび」・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求までサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金