「退職代行を利用しようか検討しているけれど、費用はどれくらいかかるんだろう?」

「できるだけ安いサービスを使いたいけど、最安値のサービスはどこ?」

退職代行は30以上のサービスが存在し、各社の特徴や料金体系は様々です。

先に一つ結論をお伝えしておくと、「料金の安さだけで退職代行サービスを選ぶのは危険」です。

料金の安い会社は、小規模で退職代行実績が少ない会社が多く、利用後にトラブルになる可能性があります。

数千円の金額を惜しんで、会社と長期的にトラブルになってしまっては本末転倒ですからね。

今回の記事では人事歴9年の筆者が、退職代行サービスの費用相場や、費用対効果を考えておすすめできるサービスをご紹介します。

利用を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「退職代行Jobs」・・・労働組合と連携していて会社との交渉もサポートして欲しい人におすすめ。退職完了まで期間無制限でフォローしてくれる。27,000円+2,000円(※労働組合費)

  2. 「弁護士法人みやび」・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求までサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金

退職代行の値段・費用の金額相場は30,000円前後

退職代行サービスの費用は30,000円前後が相場となっています。

27,000円の業者や29,800円の業者が多く、30,000円を超えないというのが業界の一つの基準です。

25,000円の業者もいくつかありますし、キャンペーンでさらに安い退職代行サービスも存在します。

ただ、冒頭でもお伝えした通り、料金の安さだけを選択基準にすることはお勧めしません。

田中くん

なるべく安い退職代行サービスを使いたいと思っているのですが、金額だけで決めても大丈夫でしょうか?

山本先輩

金額だけで業者を決めるのはおすすめしないな!

自分に合ったサービスかどうかを見極めて決めた方がいいぞ!

退職代行の値段・費用は20,000円から50,000円

退職代行の費用は2~5万円

退職代行サービスの相場は30,000円ほどですが、最も安い水準で20,000円から使えます。

筆者は何十社とある退職代行サービスを調べましたが、サービス内容が安心できる業者は安くても最低25,000円からで、それ以下は注意した方がよいかもしれません。

退職代行の値段・費用はバイトなら10,000円から

バイトの退職なら1万円から

退職代行サービスはバイトやパート、学生でも使えます。

費用は正社員と同じところも多いですが、10,000円安い20,000円の業者や、最安値で10,000円から依頼できるところもあります。

ただし前払いで単にメールを送るだけであとは放置など、トラブル事例もありますので安すぎる業者は注意した方がよいでしょう。

退職代行の値段・費用は弁護士を使うと高くなる

弁護士は費用が高くなる

一方で弁護士法人に頼むと相場は50,000円と高いです。

ただ辞めるだけならば弁護士はオーバースペックと言えますが、通常の業者では非弁行為となってしまうためできない未払い賃金や退職金などの交渉と請求まで可能です。

ブラック企業を相手取り、本来受け取るべきお金を回収したい方には弁護士がおすすめでしょう。

退職代行は無料で相談できる?返金保証もある?

退職代行サービスの多くは依頼前に無料で相談ができます。

どのような内容か気になったらまずは相談してみてもいいですよね。

支払い方法については原則前払いですが、完全成果報酬が1社、審査によって後払いが可能な業者も数社あります。

またもし退職できなかった場合は返金を保証している業者は少なくありません。

単に料金だけではなくサービス内容や保証内容まで調べてから依頼することをおすすめします。

あまりにも相場より金額が安い退職代行は注意(過去には詐欺事件もあり)

あまりにも安い評者は注意

退職代行サービスでは最初の相談を無料にしている会社や、キャンペーンで他社よりも1万円ほど安くしている会社があります。

1万円以下など相場よりはるかに離れた安い業者には注意が必要です。

過去にはお金を振り込ませるだけ振り込ませ、そのあと一切連絡が取れなくなった詐欺集団も発生しました。

これは退職代行サービスの名前を借りた完全な事件ですが、返金はほぼ不可能でしょう。

安すぎる退職代行サービスにはご注意ください。

退職代行を使って費用を払っても得するケース

 

実は退職代行を使うことで費用がかかる以上に金銭面で得をするケースがあることをご存じでしょうか。

退職代行サービスによっては、退職の意志を伝えて退職させるだけではなく、団体交渉権などを使い未払い残業代など不当に未払いとなっている賃金の交渉を行える業者があるのです。

他にも有給休暇や退職金など見落としがちな権利もしっかりと交渉できます。

山本先輩

交渉や金銭の請求まで行える退職代行サービスを利用した方が少し高い退職代行費用を支払ったとしても、お得になる可能性があるんだ!

田中くん

わかりました!

未払い分の請求や有給消化の交渉も依頼したいので、サービスが充実している業者に依頼しようと思います!

勘違いしている個人や企業すらありますが、残業代や有給休暇というものは労働法で定められるものであって、会社が勝手に減らしたり無くしてよいものでは全くありません。

退職金についても、会社の規定で定めておきながら退職代行を使ったことを理由に無くすことは不当と言えます。

しかし辞める社員に対しては、本来は会社のお金を横領したレベルの扱いである懲戒解雇などとして、不当に賃金を支払わないブラック企業も多いのが現実でしょう。

未払い賃金や有給休暇、退職金で数十万円得することも

未払い賃金・有給休暇・退職金

もし1人で辞めた場合、これら残業代や有給休暇など不当に支払われない賃金に対しては、泣き寝入りで1円ももらえない可能性が高いですよね。

しかしプロの業者を挟むことでしっかりと交渉できるため、結果的には退職代行を使った方が金銭的にもはるかに得をするケースがあるのです。

未払い賃金や有給休暇、退職金を正当にもらうことで数十万円得する場合すらあります。

退職代行の料金はその取り戻した資金のほんの一部を使えばよいわけですから、一切損をしないことも可能です。

実はお金を気にして退職代行を使わない方が、結果的には数万円、もしくはそれ以上も損をする可能性があると言えます。

弁護士の退職代行ならば慰謝料請求まで相談可

未払いの賃金まで請求したい方は弁護士に頼む必要があります。

労働組合ならば交渉は可能ですが、確実に取り返すために請求できるのは弁護士だけです。

さらにパワハラなどで苦しめられて慰謝料請求まで相談したい方は、同じく弁護士だけが可能です。

企業側ではなく労働者側の弁護士が退職代行サービスを実施しているため、退職代行に伴い相談してみてはいかがでしょうか。

数十万円から悪質な場合は100万円ほどの慰謝料を取れる可能性はあるでしょう。

退職代行で費用対効果が高いおすすめサービス2選

退職代行サービスは何十社とありますが、費用が相場よりも安く、かつサービス内容も問題ない業者をご紹介します。

単に安い順番ではなく、サービス内容に対して他社と比べてもお得な順番となっています。

退職代行で費用対効果が高いおすすめサービス1.退職代行Jobs

相談可否 退職代行利用者への無料カウンセリング特典
料金 27,000円(税込)現金後払いOK
オプション 無料カウンセリング
顧問弁護士 第二東京弁護士会所属弁護士 西前啓子

退職代行Jobsはカウンセリング特典付きという珍しい退職代行サービスです。

会社でのトラブルなどで心がすり減ってしまっていても、退職代行の料金でカウンセリングまで受けられます。

実名・顔出しで顧問弁護士が付いているサービスですし非弁行為の心配も要りません。

料金は後払いを可能としている点も大きなメリットでしょう。

正社員はもちろん、契約社員やパート、アルバイトと全ての方が利用できます。

デメリットがなく総合的にもおすすめのサービスです。

退職代行Jobsの運営会社概要

商号 株式会社アレス
顧問弁護士 第二東京弁護士会所属弁護士 西前啓子
所在地 〒533-0006
大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202
電話番号 0120-987-139

退職代行Jobsの公式サイトを見る

退職代行で費用対効果が高いおすすめサービス2.弁護士法人みやび(弁護士法人運営)

相談料 無料
料金 55,000円(税込)
オプション

残業代、退職金、未払い給与などの請求と交渉可

費用は回収額の20%

退職までの日数 即日
顧問弁護士 弁護士法人みやび

弁護士法人みやびは退職代行業者ではなく弁護士に退職を頼むことになります。

料金は55,000円(税込)と退職代行業者より高いため、退職したいだけの方には向かないかもしれません。

一方で弁護士法人に頼むことができるため、残業代、退職金、未払い給与などを交渉して請求し、取り返したい方には心強いですよね。

未払い給与などの退職以外の費用は成果報酬の20%なので、取り戻せたお金の一部を払うだけでOKです。

むしろ、本来もらうべきお金を取り戻せることで、支払った料金以上のお金を手に入れられる可能性もあります。

LINEやメールで24時間対応してもらうことができて、即日円満退社が可能なので、今すぐ確実に辞められる点もおすすめです。

弁護士法人みやびの運営会社概要

商号 弁護士法人みやび
弁護士 佐藤 秀樹
事業内容 企業法務全般
訴訟等の裁判業務
顧問業務
コンサルティングなどの相談業務
一般民事事件などの個人向け業務
所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-8 第二丸高ビル4階

弁護士法人みやびの公式サイトを見る

費用を分割して退職代行を使う方法

退職代行の費用相場は30,000円以下です。

それでも一括だと少し厳しい方もいますよね。

そのような方におすすめの方法が、費用を実質分割して支払える退職代行を使うことです。

費用を分割できる退職代行サービス1.わたしNEXT

相談可否 可能
料金

29,800円(税込)正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退など

19,800円(税込)アルバイト・パート

オプション 転職お祝い金最大5万円
退職までの日数 即日
顧問弁護士 合同労働組合
実績 創業15年
退職率 100%

わたしNEXTは「ヤメホー」という業界初の退職代行サブスクサービスを始めました。

月額3,630円(税込)で年に2回まで退職代行サービスが使える新しい仕組みです。

このヤメホーを使うことで、費用を一括で支払うことが難しい方でも3,630円(税込)から退職代行を使うことができます。

わたしNEXTの退職代行自体は、女性向けに特化したサービスで女性満足度一位としています。

合同労働組合で創業15年の実績ある企業が運営していますし、サービス内容としても問題ないでしょう。

男性版もありますが、わたしNEXTは女性限定でとてもおすすめできます。

わたしNEXTの公式サイトを見る

費用を分割できる退職代行サービス2.男の退職代行

相談可否 可能
料金

26,800円(税込)正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退者など

19,800円(税込)アルバイト・パート

オプション 転職お祝い金最大5万円
退職までの日数 即日
顧問弁護士 合同労働組合
実績 創業15年
退職率 100%

「わたしNEXT」は女性限定でしたが、男の退職代行は同じ運営会社が運営する男性版の退職代行サービスです。

女性限定とサービス内容は同様ですので、退職代行サービスのサブスク「ヤメホー」を活用して実質分割で費用を支払うことができます。

サービス内容も問題ありませんので退職代行を使いたい男性にぜひおすすめできます。

男の退職代行の公式サイトを見る

費用を払ってでも退職代行ですぐに辞めるべき(人事アドバイス)

退職代行サービス自体は安心できたとしても、20,000円から30,000円という料金や、退職代行を使うことに躊躇してしまう方もいますよね。

理想は普通に退職したい気持ちは分かりますし、退職後の職場の人間関係などを気にしているかもしれません。

しかしそもそも普通に退職できないから困っているわけですし、退職したら職場の人間関係など一切何も続きません。

退職を拒否することや引継ぎなどと言って何か月も長引かせることは不当ですし、それ以上に損をしているのは、退職できないままだらだらと続けることであなた自身のキャリアが無駄になっているということです。

退職代行の料金どころか、長期的には何百倍もの損をしていることになります。

退職できない間に人材の市場価値が下がる

給料やキャリアというものは労働市場における人材価値で決まります。

例えばあなたはパワハラやセクハラに苦しんでいたり、耐えているかもしれません。

けれど仮にどれだけ必死に耐えたとしても、その努力は人材としての価値を一切高めません。

労働市場としては全くどうでもよいですし、それどころか本当に重要な仕事としてのスキルや経験を得られないまま年齢だけ重ねてしまうと、市場価値は他人と比べて大きく下がってしまうのです。

結果的に周りと比べても給料は大きく下がってしまうでしょう。

山本先輩

退職代行を使ってでもすぐに会社を辞めて、若いうちに転職した方がいいぞ!

田中くん

そうですよね!

少しでも若いうちに転職してキャリアアップを目指したいです!

ハラスメントに限った話ではなく、人材価値の上がらない会社や業務に何年も費やすことや、すでに心が離れているのに数か月もの引継ぎや業務を続けることで、長期的には退職代行費用など比にならない大きな損をしていることに気づいてください。

費用よりも心身の健康が最優先

市場価値や料金よりもさらに重要なことがあります。あなたの心身の健康です。

過重労働やハラスメントに長年耐えている方は少なくないですよね。

もう少しだけなら大丈夫、あと数か月で退職できる、と会社のために無理をし続けてしまうと、ある日突然倒れてしまうことや、うつ病などの精神疾患になってしまうリスクすらあります。

健康について恐ろしいのは、一度心身を壊してしまうと、そのあとすぐに退職したとしても治らず病気やケガは続いていくということです。

後からどれだけ会社を恨んだとしても無意味ですよね。

決断をして退職していれば新しい可能性が広がっていたにも関わらず、退職を決断し切れなかったことで人生を無駄にしてしまうような最悪のケースは絶対に避けるべきと言えます。

退職代行ですぐにでも辞める

筆者は人事として500人以上のキャリアや労務を見てきた経験があります。

退職すると決めた以上はすぐにでも辞めるべきだとアドバイスできます。

退職してしまえば職場の人間関係など一切どうでもよいもので、退職後を気にすることほど無意味なことはありませんよね。

会社のために人生を費やすことで自分の人材価値は下がり続けるリスクがあること、心身を壊してしまうと取り返しが利かないことは、必ず覚えておいてください。

まとめ

退職代行サービスの相場は30,000円で、弁護士法人に頼むと50,000円ほどします。

業者の数は非常に増えているため、他社を意識して27,000円や、安くて25,000円の業者も存在します。

料金だけではなくサービス内容や保証有無もしっかりと調べた上でおすすめ業者を選びましたので、悩んでいる方は相談してみてはいかがでしょうか。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「退職代行Jobs」・・・労働組合と連携していて会社との交渉もサポートして欲しい人におすすめ。退職完了まで期間無制限でフォローしてくれる。27,000円+2,000円(※労働組合費)

  2. 「弁護士法人みやび」・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求までサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金