退職代行は一切ありえなくも無責任でもない!人事歴9年が退職代行について徹底解説

退職したいと申し出ても会社から違法に辞めさせてもらえない場合や、ハラスメントなどで退職したいが辞めると言ったら何をされるか分からない場合などに、退職代行サービスを使って退職する方も増えてきました。

プロの業者を挟んで退職の意志を伝えることで、本人は即日出社をやめられることが可能です。

この退職代行について、中にはありえないだとか、無責任だという声もあるかもしれません。

ここでは人事歴9年の筆者が退職代行は本当に無責任なのか解説いたします。

ぜひ参考にしてみてください。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「退職代行Jobs」・・・労働組合と連携していて会社との交渉もサポートして欲しい人におすすめ。退職完了まで期間無制限でフォローしてくれる。27,000円+2,000円(※労働組合費)

  2. 「弁護士法人みやび」・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求までサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金

退職代行はありえなくも無責任でもない

結論から申し上げると、退職代行はありえなくも無責任でもありません。

むしろ従業員を退職させないことは違法性があると言えます。

具体的に理由をお伝えいたします。

退職代行はありえなくも無責任でもない1.すでに何万人と使っているサービス

先ず退職代行サービスについては、すでに何万人と使って辞めた人がいますし、評判はほとんどの場合良好です。

退職代行が始まった数年前は賛否ありましたが、実際にサービスが浸透してきたと言えます。

退職代行を使う人が増えてリアルな口コミが分かってくると、これはありえないサービスではなく、むしろ人によっては今すぐにでも使って逃げた方がよいという声も増えてきましたよね。

未だに退職代行に驚いているのは単に情報不足の場合もあるでしょう。

退職代行はありえなくも無責任でもない2.退職代行は全く違法ではない

退職代行については全く違法ではありません。

退職の意志を伝える「使者」に違法性はなく、労働組合運営の退職代行ならば企業と交渉ができます。

さらに弁護士法人が運営している退職代行サービスもあり、これについては未払い賃金などの交渉と請求まで可能となります。

一方で、一般従業員の退職を拒むことは労働法違反となり、企業側の方がよほど違法性があると言えるでしょう。

退職代行はありえなくも無責任でもない3.退職代行は懲戒に該当しない(普通の自己都合退職と同じ)

勘違いしている方が多いですが、退職代行を使ったことで懲戒のような扱いを受けることは不当と言えます。

懲戒とは会社のお金を横領するなど刑事事件にも該当するようなケースであり、自分で辞めようが業者を挟んで辞めようが、退職するだけで懲戒となることはあり得ません。

退職金を支払いたくないという会社側の不当な扱いである可能性が高いです。

退職代行はありえなくも無責任でもない4.完全なバックレは損害が出るが退職代行は退職の意志を正式に伝える

退職代行を使ったことで損害賠償請求をするなどと脅してくる悪質な企業もありますが、これも全く不当と言えます。

例えば一切連絡すらしない完全なバックレ行為であれば、安否の確認に時間も使いますし、バックレなのだと確定できるまでに損害が発生する可能性はあります。

しかし退職代行を使って辞めることは本人が言い出して辞めることと同じですので、業者を挟んだだけで損害賠償というのは不当であり、脅迫にすら該当するでしょう。

辞めるなんてありえないという責任に押し潰される前に退職代行で辞めることもおすすめ

もちろん理想を言えば健全に退職の意志を伝えて辞めることがベストです。

しかし少なくない企業において、ハラスメントが横行していることや、過労で限界を迎えている社員がいること、うつ病などの精神障害になってしまう社員がいることも事実です。

ハラスメントや過重労働で心身を壊すと人生全体に影響が出る

ハラスメントや過重労働に耐え続けていると、ある日突然心身を壊してしまい、何年もの長期、最悪の場合は人生全体に渡って悪影響を与えるリスクすらあるのです。

自分の中であと半年耐えてみようなどと思っていたとしても、体は正直ですので、こんなはずではという病気になってしまうことは誰にでもあります。

ぜひ自分の心身を第一に考えてもらえればと思います。

ありえなくも無責任でもないおすすめの退職代行サービス2選

退職代行サービス自体、ありえなくもないですし、無責任でもありません。

さらにその中でも、使う側にとっても間違いのない、実績豊富なサービスのみご紹介します。

ありえなくも無責任でもないおすすめの退職代行サービス1.退職代行Jobs

相談可否 退職代行利用者への無料カウンセリング特典
料金 29,800円(後払い相談で可能)
オプション 無料カウンセリング
顧問弁護士 第二東京弁護士会所属弁護士 西前啓子

ありえなくも無責任でもない退職代行として、退職代行Jobsもおすすめできます。

総合的に優れた退職代行サービスですし、一番の特徴はカウンセリング特典付きという珍しい退職代行サービスとなっています。

責任が重いなど心がすり減ってしまっていても、退職代行の料金だけでカウンセリングまで受けられます。

また退職代行Jobsには顧問弁護士が付いているため、非弁行為の心配も不要ですし、退職代行サービスを使うこと自体は何も問題がありませんよね。

退職代行Jobsと相談をすれば料金は後払いになる可能性があるとしているため、支払いを結果的に1か月以上遅らせられる点も大きなメリットと言えます。

正社員はもちろん、契約社員やパート、アルバイトと全ての方が利用できますし、総合的にもおすすめのサービスです。

退職代行Jobsの運営会社概要
商号 株式会社アレス
顧問弁護士 第二東京弁護士会所属弁護士 西前啓子
所在地 〒533-0006
大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202

退職代行Jobsの公式サイトを見る

ありえなくも無責任でもないおすすめの退職代行サービス2.弁護士法人みやび

相談料 無料
料金 55,000円
オプション

残業代、退職金、未払い給与などの請求と交渉可

費用は回収額の20%

退職までの日数 即日
顧問弁護士 弁護士法人みやび

ありえなくも無責任でもなく、それどころか最も強い退職代行を頼みたい方には弁護士法人みやびがおすすめです。

弁護士法人みやびについては退職代行業者ではなく、弁護士法人に退職代行を依頼する形となるため、料金は55,000円と一般の退職代行業者より高く、退職だけが希望の人には向かないでしょう。

一方で弁護士法人ですので、悪質な企業に対しても未払い賃金の交渉や請求まで可能となります。

ただ辞めるだけでは気が済まないという方は弁護士を使って戦うことも可能となるため、本当に悪質なハラスメントなどには慰謝料請求の相談も可能です。

さらに仮に辞めたい企業側が何かを言ってきてもめたとしても、弁護士ですから何ら問題ないでしょう。

企業の悪質さから考えて弁護士を立てたいという方におすすめです。

弁護士法人みやびの運営会社概要
商号 弁護士法人みやび
代表者 所長 佐藤 秀樹(弁護士)
事業内容 企業法務全般
訴訟等の裁判業務
顧問業務
コンサルティングなどの相談業務
一般民事事件などの個人向け業務
所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-8 第二丸高ビル4階

弁護士法人みやびの公式サイトを見る

まとめ

退職代行は始まった当初は賛否ありましたが、今では何万人も利用してきましたし、利用者の評判は問題ありません。

また退職代行を使うことは違法でも何でもなく、むしろ従業員を辞めさせない方が労働法に違反していると言えます。

自分の心身が第一ですので、辞めたいのに辞められないような状況の方は、ぜひ退職代行を使ってでも退職して新しい人生を歩んでもらえたら幸いです。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「退職代行Jobs」・・・労働組合と連携していて会社との交渉もサポートして欲しい人におすすめ。退職完了まで期間無制限でフォローしてくれる。27,000円+2,000円(※労働組合費)

  2. 「弁護士法人みやび」・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求までサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金