ブラック企業と対比してホワイト企業と呼ばれる、待遇も働き方も良い企業で働きたいですよね。

特にITエンジニアの方はブラック企業かホワイト企業かで人生が変わるほど違いが出ます。

筆者は大手IT人事を9年経験していますが、ここではホワイト企業の見分け方から転職方法までお伝えいたします。

ぜひ参考にしてみてください。

ホワイトIT企業の見分け方

企業側から自らをブラックやホワイトという表現は当然使わないため、いわゆるホワイト企業なのかは自分で見定める必要があります。

ホワイトIT企業の見分け方をお伝えいたします。

ホワイトIT企業の見分け方1.残業時間の平均が20時間以下

ブラック企業かホワイト企業かを分ける大きな要因がやはり残業時間ですよね。

IT企業やエンジニアと言えば残業というイメージがある方もいるはずですが、確かに残業が多い業界ではあります。

特に上流ではなく下流のエンジニアになると、自分の工夫ではどうにもならない量の業務や業務変更が降ってくるため、結果的に残業が増えてしまう構造となっています。

ただしブラック企業では、コスト削減のため通常ならば2,3人分の仕事を1人に押し付けているケースも多々ありますので、ホワイト企業を見分ける要因は業務量や残業時間となるでしょう。

プロジェクトの状況で残業にも波はありますが、平均して20時間以下となる企業はホワイト企業と言えますよね。

ホワイトIT企業の見分け方2.週休2日

きちんと週休2日休める企業はホワイト企業です。

ブラック企業では土日も出社させることや、休みと言いつつ会社のスマホは常に身につけねばならず、顧客からの連絡はどこにいても受けるなど実質労働となっている会社もありますよね。

労働法の観点からも、休日は完全に業務から切り離されなければなりませんし、しっかりと週休2日を厳守している企業がホワイト企業と言えます。

ホワイトIT企業の見分け方3.労働法が順守されているか(残業代がきちんと支払われるか)

労働法が順守されているかはブラック企業かホワイト企業かを見分ける点で非常に重要です。

労働法にはいくつもの確認点がありますが、中でも残業代がきちんと支払われるかは必須ですよね。

あからさまにタイムカードだけ切らせてサービス残業をさせるような企業もまだまだ残っていますし、みなしとして10時間分だけは残業代を支払うが、実態は50時間以上残業させているといった企業はもっと多いでしょう。

残業代がきちんと支払われるか、労働法を守る企業かは重要な確認ポイントです。

ホワイトIT企業の見分け方4.常には人材募集していない

常に人材を募集している企業は注意が必要です。

事業が急拡大しているわけではないのに常に人を募集している場合、人がどんどん辞めていく、人が残らない理由があるわけですよね。

ホワイト企業の離職率は低いため、いつでも人材募集している企業はホワイトではない可能性が高いと言えるでしょう。

ホワイトIT企業の見分け方5.研修などスキル習得の支援をしてもらえる

ホワイトIT企業の特徴として、研修がしっかりしているなど、社員の成長にも会社が投資をしてくれる点があります。

ブラック企業では社員を使い捨てのようにしがちで、社員が疲弊したりスキルが足りなければ、新しい人を外から調達し続けるようなサイクルです。

短期視点と言えるでしょう。

一方でホワイトIT企業では長期視点で成長を考えるため、社員への投資を積極的にしてくれます。

会社負担で研修が受けられることや、資格を取ると奨励金がもらえるなど、実はこのような制度の違いも社員のさらなる能力開発や年収アップにもつながっているのです。

ホワイトIT企業を見つけるにはエンジニア専門の転職エージェントが必須

ホワイト企業は倍率が高いため、常にネットで採用を募集していることはまずありません。

ホワイト企業は欲しい人材がいる時のみ転職エージェントに依頼して、転職エージェントがピンポイントで紹介するという流れとなるため、ホワイト企業にたどり着くためには転職エージェントに登録しておくことが非常に重要なのです。

また転職エージェントはホワイト企業の求人に加えて、模擬面談などのサポートも充実していて、ホワイト企業への入社を勝ち取るために必須と言えるでしょう。

転職者側は無料で活用できますので、使わない理由がないサービスではないでしょうか。

ホワイトIT企業を見つけられるおすすめエンジニア転職エージェント1.レバテックキャリア

ホワイトIT企業に転職したいエンジニアは転職エージェントの活用が必須ですが、転職支援サービスは数多くありますよね。

エンジニア転職でおすすめできる特化型エージェントにレバテックキャリアがあります。

レバテックキャリアはITとWebエンジニアに特化した専門の転職エージェントで、運営会社がシステムエンジニアリング会社という特徴もあってエンジニア出身者のエージェントも多いです。

エンジニア職は間違いなく専門職ですので、知識や経験がないエージェントに担当されてしまうとアンマッチの企業を紹介されることもありますし、エージェントに専門用語などを説明してあげるような時間と労力のムダにもなりかねません。

エンジニアと大きな括りにされて希望と異なる職種や環境を紹介されてしまっては無意味ですよね。

レバテックキャリアはエンジニア専門エージェントですので、あなたのスキル、経験プロジェクト、今後のキャリア、何よりホワイトな環境の希望を伝えることで、より専門的かつ正確に理解して、適した企業を紹介してくれると言えるでしょう。

専門性が高いためエンジニア未経験者にはあまり向かないという評判はありますが、経験者にはとてもおすすめできるエンジニア専門転職エージェントとなっています。

レバテックキャリアの運営会社情報

レバテックキャリアはレバテック株式会社が運営している転職支援サービスです。

無料で使える間違いなくお得なサービスですよね。

レバテック株式会社自体もシステムエンジニアリング事業を行っており、専門性をベースにITとWebに特化した転職サービスを手掛けています。

設立から4年ほど経っており実績やノウハウも問題ないでしょう。

レバテック株式会社の会社概要
社名 レバテック株式会社
資本金 60,000,000円(資本準備金含む)
事業内容 システムエンジニアリング事業

IT・Web領域における人材紹介事業

認定 有料職業紹介事業許可番号 (13-ユ-308734)

労働者派遣事業 (派13-308125)

プライバシーマーク認定番号 (第10822633(06))

設立 2017年 8月 1日
東京本社 〒150 – 6190

東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア 24F・25F

レバテックキャリアの公式サイトはこちら⇒

ホワイトIT企業を見つけられるおすすめエンジニア転職エージェント2.マイナビITエージェント

ホワイトIT企業に転職したいエンジニアの方にはマイナビITエージェントもぜひおすすめできます。

マイナビは新卒採用の時から誰でも知っている最大手の1社ですが、マイナビエージェントはそのマイナビグループで転職支援サービスに該当するサイトです。

さらにマイナビエージェントはいくつもの専門職に細分化されていて、ITとWebエンジニアに特化しているのがマイナビITエージェントとなりますので、専門性については間違いありません。

特徴としてマイナビITエージェントは転職エージェントのサポートの手厚さがとても好評で、特に転職経験の浅い20代と30代の若い方に人気となっていますよね。

マイナビグループですので非公開の求人など求人案件は非常に豊富な点がメリットで、ベンチャー企業から東証一部上場企業、外資系ITの大手の求人まで揃っています。

筆者は東証一部上場のIT企業で10年以上働いていますが、誰でも知っている大手の案件がずらりと並んでいるのは間違いなく嬉しいですよね。

他にも模擬面談を無料で指導してもらえるなど充実のサポート内容となっていて、ホワイト企業への転職を成功させたいエンジニアの方にはぜひおすすめです。

マイナビITエージェントの運営会社情報

株式会社マイナビは非常に幅広い事業を手掛ける企業です。

転職支援サービスのマイナビエージェントだけでも、このIT・Webエンジニアに限らず、会計士や税理士、看護師や保育士など多種多様な専門職を扱っています。

もちろん有名な新卒採用でも最大手の1社ですし、知名度や実績、ノウハウについては全く問題ないと言えるでしょう。

株式会社マイナビの会社概要
会社名 株式会社マイナビ Mynavi Corporation
本社所在地 東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号
設立年月日 昭和48年(1973年)8月15日
資本金 21億210万円
従業員数 約11,400名(マイナビグループ全体)
許可 厚生労働大臣許可番号

有料職業紹介事業 (13-ユ-080554)

東京都知事登録旅行業第 2-6519 号

マイナビITエージェントの公式サイトはこちら⇒

ホワイトIT企業を見つけられるおすすめエンジニア転職エージェント3.Geekly

ホワイトIT企業に転職したいエンジニアにおすすめの転職エージェントとしてGeeklyも好評です。

ITとWebに特化した転職支援サービスはありますが、Geeklyはこれに加えてゲーム業界にも特化している専門的な転職支援エージェントですので、エンジニア転職に最重要の専門性については申し分ありません。

IT、Web、ゲーム業界に特化したエンジニア専門の転職エージェントとして、ベンチャー企業から東証一部上場企業の超大手まで豊富な企業を紹介してくれる利点があります。

評判を見ると平均でも50社ほど、人によって100社以上の求人を紹介されることもよくあるようで、企業数には困らないでしょう。

年齢、スキルレベルや希望キャリア、ホワイトという希望の環境に合わせて幅広い企業を紹介してもらえるのは、エンジニア専門エージェントの何よりの強みですよね。

また特徴的なのが未経験からエンジニアになりたい方や、エンジニア経験が浅い人だとしても積極的にサポートしている点です。

エンジニア専門の転職エージェントは専門性が高い故に、経験者の支援に重点を置きがちとなっているサービスもありますが、若くても経験が浅くてもエンジニア企業を紹介してくれるGeeklyは、キャリアアップやキャリアチェンジしたい方に嬉しいですよね。

37歳未経験でも紹介してもらえたという口コミも見つかりましたし、若さに不安な方ですらチャンスは残っているでしょう。

Geekly自体が若い会社で勢いがあるため、同じく若くてエンジニアとしてのキャリアを積んでいきたいという方、若いうちにエンジニアにチェンジしたいという方にも適していると言えます。

若い方やこれから本格的にエンジニアになりたい方、30歳を過ぎたけれどエンジニアに挑戦してみたいという方にもぜひおすすめの転職エージェントです。

Geeklyの運営会社情報

Geeklyは株式会社Geekly(ギークリー)が運営しているIT、Web、ゲーム業界におけるエンジニア専門の無料転職支援サービスです。

若いベンチャー企業ですので、担当するエージェントも若くやる気があるという評判が多いですし、登録したらすぐに電話がかかってきたという話もありました。

転職については若ければ若いほどよいので、できるだけ早く転職をしたい方にはスピーディーに対応してくれる、頼れる元気なエージェント会社と言えるでしょう。

株式会社Geekly(ギークリー)の会社概要
社名 株式会社Geekly(ギークリー)
事業内容 IT/Web/ゲーム業界専門の人材紹介
本社所在地 東京都渋谷区渋谷1-11-8 渋谷パークプラザ 4F
第2オフィス所在地 東京都渋谷区渋谷1-17-2 ヒューリック渋谷宮下公園ビル 6F
資本金 3000万円
有料職業紹介
事業許可番号
13-ユ-305272

Geeklyの公式サイトはこちら⇒

まとめ

今まで過酷な環境で働いてきた人がホワイトIT企業に転職すると、待遇や働きやすさにとても驚くでしょう。

労働法を守ることは当たり前なのですが、その当たり前がなされていない企業にいる方はぜひホワイトIT企業への転職に挑戦してみてください。

ホワイトIT企業は倍率も高いため、エンジニア専門の転職エージェントを活用することを強くおすすめいたします。