エンジニアで転職中の方は多いですよね。

希望の会社の選考で落ちてしまう場合、理由は何なのか、それはすぐに解決できるのか、諦めるしかないのかと、改善を続けながら転職していくことが重要です。

エンジニア転職で落ちる理由には、はっきりとは言われませんが年齢が主要なものである場合が多いです。

またスキル不足も少なくなく、スキルについては年齢よりも改善できますよね。

ここではスキル不足で悩む転職希望者に、大手IT人事9年の筆者が徹底アドバイスいたします。

ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

スキル不足でエンジニア転職が上手くいかないことが多い

エンジニア転職が上手くいない理由は当然人によって異なります。

年齢が高いこと、求めている年収が合っていないこと、企業が欲しい経験をしていないことなどいろいろですよね。

その中で、スキルが不足していることがエンジニア転職の場合は多いです。

エンジニアは専門領域のため実力が比較的分かりやすく、どの言語を使えるか、どの職種とポジションとしてどんなプロジェクトを経験してきたかが伝わりやすいです。

逆に言えばスキル不足も明らかになってしまうため、スキルが原因でエンジニア転職で苦戦している人も少なくないと言えます。

エンジニア転職でスキル不足に悩んだらスキルの再整理が重要

エンジニア転職でスキル不足に悩んだ場合、転職を諦めてしまうことや、スキルが低くても転職できる会社に妥協するのではなく、スキルの再整理が重要となります。

スキルというのは難しく、本人が得意だと思っていても周りから見れば普通レベルであることや、逆に本人が気づいていないだけで貴重なスキルを持っていることもありますよね。

そのため一人だけで自身のスキルや得意分野を決めつけるのではなく、客観性がポイントとなってきます。

転職に関わることですので職場では聞きにくい部分もあるため、プロの転職支援エージェントを活用することも大いに有効となるでしょう。

スキル不足でエンジニア転職が上手くいかない時の解決策

スキル不足でエンジニア転職が上手くいかない人のために、解決策をお伝えいたします。

スキル不足でエンジニア転職が上手くいかない時の解決策としては、

  1. スキルを正しく伝えられているか再確認
  2. スキルの証明で資格を取る
  3. スキルに合った求人をエージェントに紹介してもらう

がありますので、具体的に解説していきます。

スキル不足でエンジニア転職が上手くいかない時の解決策1.スキルを正しく伝えられているか再確認

先ずはスキルを正しく伝えられているか再確認してください。

よくある例として、本当はしっかりスキルや経験もあるのですが、伝えるのが苦手で誤解されていることがあります。

コミュニケーション能力はエンジニアにとっても重要で、正確に伝えることも重要ではあるのですが、持っているスキルを伝えきれていないのはもったいないですよね。

スキル不足と言われてしまっても、実はスキルではなくコミュニケーションに原因があるかもしれません。

スキル不足でエンジニア転職が上手くいかない時の解決策2.スキルの証明で資格を取る

コミュニケーションで上手く伝えられなくても、資格ならば否応なしにスキルを証明できます。

エンジニア業界では「ITSS」など、自分のレベルとスキルを該当する資格によって示しやすい側面もありますよね。

今更資格を取るのは面倒という気持ちも分かりますが、例えば同じスキルレベルの候補者が複数いた場合、企業はより確実性を高めるために資格を見ることも多々あります。

関係のない資格をどれだけ取っても転職には無意味ですが、エンジニア転職は資格と相性のよい業界と言えるでしょう。

スキル不足でエンジニア転職が上手くいかない時の解決策3.スキルに合った求人をエージェントに紹介してもらう

エンジニア転職では必ず転職エージェントを使いましょう。

ネットで調べられる情報は非常に限られていますし、我流で面談に臨んでも結果が出ないのは当然と言えます。

転職エージェントならばネットよりはるかに豊富かつリアルな情報を持ちますので、あなたのスキルや経験に適した企業を紹介してくれます。

スキルのアンマッチが今までの失敗の理由だったかもしれませんよね。

スキル不足でエンジニア転職が上手くいかない人におすすめの転職エージェント

スキル不足でエンジニア転職が上手くいっていない方は、プロの転職エージェントをフル活用すべきです。

転職側は無料で相談から面談の訓練、もちろん企業紹介までしてもらえますので、使わない理由がないでしょう。

たくさんのエージェントを登録してしまうとエージェントとのやり取りだけで膨大な時間が取られてしまいますので、エンジニア転職に適したサービスのみご紹介いたします。

スキル不足でエンジニア転職が上手くいかない人におすすめの転職エージェント1.レバテックキャリア

エンジニアの転職希望者は必ずプロを活用すべきですが、転職支援サービスは数多くあるため迷いますよね。

専門的なエンジニア転職ならば、レバテックキャリアがおすすめできます。

レバテックキャリアはエンジニアに特化した専門転職エージェントですので、誰でも何でも扱うような総合転職支援サービスではありません。

もし今まで総合転職エージェントを使っていながらスキル不足となっていた場合、実はエージェント側がきちんとスキルを理解できていなくてアンマッチが起きていた可能性もあるでしょう。

そのためエンジニアに特化して転職したい方には最適ですし、運営会社がシステムエンジニアリング会社ということもあってエンジニア出身者のエージェントも多いようです。

エンジニアは専門領域ですので、エンジニア未経験のエージェントですとスキルやプロジェクト経験がいまいち伝わりませんが、エンジニア業界を理解している人があなたのことを担当してくれて、より専門的かつ正確に理解した上で適した企業を紹介してくれます。

今まではスキル不足とされてきたエンジニアの方にこそ、非常におすすめできるエンジニア専門の転職エージェントと言えるでしょう。

レバテック株式会社の会社概要

社名 レバテック株式会社
資本金 60,000,000円(資本準備金含む)
事業内容 システムエンジニアリング事業

IT・Web領域における人材紹介事業

認定 有料職業紹介事業許可番号 (13-ユ-308734)

労働者派遣事業 (派13-308125)

プライバシーマーク認定番号 (第10822633(06))

設立 2017年 8月 1日
東京本社 〒150 – 6190

東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア 24F・25F

レバテックキャリアの公式サイトはこちら⇒

スキル不足でエンジニア転職が上手くいかない人におすすめの転職エージェント2.マイナビITエージェント

スキル不足でエンジニア転職が上手くいかないと悩んでいる方には、マイナビITエージェントもおすすめできます。

新卒採用などでも最大手の1社となるマイナビグループで、転職支援サービスに該当するマイナビエージェントというサービスがあり、その中でもIT・Webエンジニアに特化している部門となりますので専門性は非常に高いです。

スキル不足で困っている方にも、エージェントのサポートがとても手厚くて、特に転職経験の浅い20代から30代の若い方にはとても好評となっているサービスですので、間違いなくプラスとなる部分があるでしょう。

就職支援で圧倒的な実績を誇るマイナビグループですので、ネットで検索しているだけでは見つからない非公開の求人など求人案件は非常に多く、ベンチャー企業から上場企業の求人まで幅広く扱っています。

筆者も東証一部上場のIT企業で10年以上働いていますが、誰でも知っている超がつく大企業や外資系ITまで豊富な案件がずらりと並んでいますよね。

スキルのアンマッチで苦戦している方でも、これだけ豊富な案件があればマッチできる企業はきっと見つかるでしょう。

さらに模擬面談を練習できるなど充実のサポート内容となっていて、これら全て転職側は無料で利用できてしまいますので、エンジニア転職を成功させたい方にはぜひおすすめできるサービスと言えます。

株式会社マイナビの会社概要

株式会社マイナビは非常に幅広い事業を手掛ける著名な企業ですよね。

転職支援サービスのマイナビエージェントだけでも、エンジニアに留まらず、会計士や税理士、看護師や保育士など多種多様な専門職を扱っていて、圧倒的な総合力も誇ります。

もちろん有名な新卒採用でも最大手の1社ですし、知名度や実績、ノウハウに一切申し分ないでしょう。

会社名 株式会社マイナビ Mynavi Corporation
本社所在地 東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号
設立年月日 昭和48年(1973年)8月15日
資本金 21億210万円
従業員数 約11,400名(マイナビグループ全体)
許可 厚生労働大臣許可番号

有料職業紹介事業 (13-ユ-080554)

東京都知事登録旅行業第 2-6519 号

マイナビITエージェントの公式サイトはこちら⇒

スキル不足でエンジニア転職が上手くいかない人におすすめの転職エージェント3.Geekly

スキル不足でエンジニア転職が上手くいかない人に、エンジニア転職に使えるエージェントとしてGeeklyもおすすめできます。

GeeklyはITとWebだけではなくゲーム業界にも特化している専門的な転職エージェントで、スキルマッチに不可欠な専門性については申し分ありません。

IT、Web、ゲーム業界に特化したエンジニア専門の転職エージェントですので、ベンチャー企業から上場企業の大手まで案件数が間違いなく豊富で、平均で50社ほど、人によっては100社以上の求人を紹介されることもよくあるようです。

このように個人のスキルレベルやスキルの種類に合わせて幅広い企業を紹介してもらえるのは、専門エージェントの何よりの強みですよね。

また特徴的なのが未経験からエンジニアになりたい若い人や、スキルと経験が浅い人でも積極的にサポートしている点です。

エンジニア専門の転職エージェントの多くは、専門性故に経験者のサポートを手厚くしがちとも言えますが、未経験やスキル不足からでも挑戦できるエンジニア会社を教えてもらえるGeeklyは、キャリアアップやキャリアチェンジしたい方に嬉しいですよね。

Geeklyの運営会社は若い会社ということもあり勢いがあるため、同じく若くてエンジニアとしてのキャリアを積んでいきたいという方、若いうちにエンジニアにチェンジしたいという方により向いていると言えます。

若い方やこれから本格的にエンジニアになりたい方にもおすすめのエンジニア専門転職エージェントです。

Geeklyの運営会社情報

Geeklyは株式会社Geekly(ギークリー)が運営している無料の転職支援サービスです。

若いベンチャー企業ですので、担当するエージェントも若く非常にやる気があるという評判が多いですし、登録したらすぐに電話がかかってきたという話もありました。

転職は若ければ若いほどよいので、スキルのアンマッチがあるけれどできるだけ早く転職をしたい方には、より適している勢いのある会社と言えるでしょう。

株式会社Geekly(ギークリー)の会社概要
社名 株式会社Geekly(ギークリー)
事業内容 IT/Web/ゲーム業界専門の人材紹介
本社所在地 東京都渋谷区渋谷1-11-8 渋谷パークプラザ 4F
第2オフィス所在地 東京都渋谷区渋谷1-17-2 ヒューリック渋谷宮下公園ビル 6F
資本金 3000万円
有料職業紹介
事業許可番号
13-ユ-305272

Geeklyの公式サイトはこちら⇒

まとめ

エンジニア転職が上手くいかない理由はいくつもあります。

年齢や年収が合わない場合も多いですが、エンジニアの方はスキル不足も重要なポイントです。

スキル不足も、より分析すればスキルが合っていないこと、本当はスキルがあるけれど上手く伝えられていないこと、転職エージェントがそもそもアンマッチの企業を紹介していたなども考えられるでしょう。

そのため対策としては、スキルを証明する資格を取ることや、エンジニア専門の転職エージェントに乗り換えるという手も有効です。

ぜひ諦めずにエンジニア転職を成功させてもらえれば幸いです。