「GeekSalonの評判はどうなんだろう?」

「自分に合ったプログラミングスクールはないかな?」

GeekSalonの評判や口コミが知りたいという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、 GeekSalon の評判や口コミだけでなく、メリットやデメリットも分かりやすく解説していきます。

プログラミングスクールを検討する際の参考にしてみてください。

GeekSalonの公式サイトはこちら⇨

GeekSalonに関する評判・口コミ

GeekSalonに実際に通っていた方の声をもとに、評判・口コミをまとめました。

GeekSalonの悪い評判、良い評判をそれぞれ解説していきます。

GeekSalonに関する悪い評判・口コミ

まず、悪い評判・口コミをご紹介します。

「興味があるのに、大学生限定というところがネックだな…」

GeekSalonは、大学生限定のプログラミングスクールということで、大学生以外の方の入会はできないようになっています。

せっかく興味が湧いたにも関わらず、限定されてしまうと入会もできないですね。

「メンターはGeekSalonの卒業生が多く、現役のエンジニアではないので開発現場の話など聞けないのは少し残念…」

GeekSalonのメンターは、卒業生が多いので開発現場などの実務開発の話などは聞けないのは少し残念ですが、スクールのことを良く知っている方がメンターになるのは安心もできそう。

GeekSalonに関する良い評判・口コミ

次に良い評判・口コミをご紹介します。

「webサービス開発コースを受講し、ポートフォリオ制作を作りきることができました。

わからない時や、詰まった時にメンターにすぐに聞ける環境があったからこそ、やりきるとこができました。」

メンターにすぐに聞ける環境が整っていることは、プログラミング初学者にとって安心でいるポイントですね。

「Gameアプリ開発コースを受講しました、メンターの丁寧なアドバイスのおかげで、挫折することなく、Gameアプリを開発することができました。

GeekSalonで学べて良かったと思っています。

3ヵ月間で、仲間も増え、和気あいあいとプログラミングを学べたことはとてもいい経験になりました。」

3ヵ月でGameアプリを開発できるようになったのはすごいですね。

受講生同士、関わりができて仲間と一緒に勉強できることもメリットと言えるでしょう。

「大学の授業では挫折してしまったプログラミングですが、 GeekSalonに入ってからは、メンターや同期に励まされながら、iPhoneアプリを完成することができました。

頼れるメンターや同期のおかげだと思っています。

終わるころにはプログラミングがとても好きになっていました。」

大学の授業で挫折してしまったけど、 GeekSalonに入ってプログラミングが好きになって良かったですね。

GeekSalonは、同期やメンターがとても親身になって関わっていることが伝わりますね。

GeekSalonの公式サイトはこちら⇨

GeekSalon のメリット・特徴3選

次に GeekSalonのメリット、

  • 専属メンターがついてくれる
  • 未経験オリジナルアプリを開発する経験ができる
  • プログラミングを一緒に学ぶ大学生仲間ができる

についてそれぞれ紹介していきます。

GeekSalon のメリット・特徴1.専属メンターがついてくれる

GeekSalonのメンター(講師)は、元受講生の方も多く、ほとんどが現役大学生・大学院生です。

一人につき専属メンターが一人つくので、信頼関係も築きやすく学習を進める上ではとても頼りになるサポート体制。

GeekSalon のメリット・特徴2.未経験オリジナルアプリを開発する経験ができる

GeekSalon は3ヵ月でオリジナルアプリを開発することをゴール設定としています。

自分でアプリ開発ができるようになれば、その後インターンやエンジニアバイトなどのポートフォリオや実績として、アピールすることが可能です。

未経験よりも待遇のいい、環境へ飛び込むチャンスが増えるのもメリットといえるでしょう。

GeekSalon のメリット・特徴3.プログラミングを一緒に学ぶ大学生仲間ができる

GeekSalonは、大学生限定のコミュニティということもあり、同じ世代の仲間とプログラミングを学べます。

仲間から教えてもらうことや、教えてあげることはとてもいい経験になるはずです。

GeekSalonの公式サイトはこちら⇨

GeekSalonのデメリット・注意点2選

次にGeekSalonのデメリット・注意点は2選として、

  • 校舎が全国に限られている
  • 大学生しか受講できない

について紹介していきます。

GeekSalonのデメリット・注意点1.校舎が全国に限られている

GeekSalonの現時点(2021年8月)での校舎の数は7校舎で、東京、京都、大阪、福岡、名古屋、仙台、札幌の7校舎です。

GeekSalonの授業形態はオンライン+通学なので、校舎の近くに住んでいない大学生さんは入会が厳しくなるのが現状です。

GeekSalonのデメリット・注意点2.大学生しか受講できない

GeekSalonは、大学生限定のコミュニティなので、そもそも社会人の方などは受講できません。

受講料も安くて、カリキュラムもしっかりしていて入会を考えていたけど、そもそも大学生以外の方は対象外となってしまいます。

GeekSalonをおすすめしたい人の特徴は大学生・大学院生でオリジナルアプリを開発したい人!

GeekSalonをおすすめしたい人の特徴は大学生・大学院生でオリジナルアプリを開発したい人です。

理由としては、 GeekSalonは3ヵ月でオリジナルプロダクトを作りながらIT技術を学習し、3ヵ月後には成果物をプレゼンし、同期の前や企業の前で発表するという貴重な経験ができるスクールです。

例えば、おすすめしたい人の例として「○○のようなアプリを作りたい」とか「○○のようなアプリを作ってみたいけど独学ではなく、メンターがほしい」

このような人にとっては、 GeekSalonのようなスクールに入れば自分の考えたアプリが開発できる環境を手に入れることができます。

GeekSalonでの経験は就活にも有利になり得る

GeekSalonでは普通の大学生が得られない経験ができるでしょう。

新卒採用の場合、即戦力ではなく入社してから育てなければならない人が大半ですので、すでにある程度の基礎を身に着けていることは企業に対するアピールにもなります。

就活でアピールできることがない人も、3か月で有利なエピソードが手に入るかもしれませんよね。

GeekSalonの公式サイトはこちら⇨

GeekSalonをおすすめしない人の特徴はプログラミングに興味がない人!

GeekSalonをおすすめしない人の特徴は、プログラミングに興味がない人です。

理由としては、そもそもプログラミングに興味がないと勉強が続きません。

自分でもそれなりに学習サイトなどで学習したりしないと、 GeekSalonに入ったはいいが最初の段階でプログラミングが嫌いになってしまっては元も子もないからです。

プログラミングを嫌いにならなければ、学習も楽しいですし、自分でも続けていくことができるでしょう。

ある程度GeekSalonなどのスクールに入る前に自分でも勉強しておいた方が、「入ってみてプログラミングは自分には合っていなかった」ということにならないことが予想できます。

GeekSalonの利用料金や入会金、解約や返金についてわかりやすく解説!

GeekSalonの料金体系について、表にまとめてみました。

解約や返金についても解説していきます。

コース名 学べる言語/できる事 受講料 期間
Webサービス開発コース Ruby,HTML,CSS,/

Webサービスをインターネット上に公開

98,340円(税込) 3ヵ月
Gameアプリ開発コース Unity,C#/

App store,Googleplayにゲームアプリをリリース

98,340円(税込) 3ヵ月
iPhoneアプリ開発コース Swift/

App storeにアプリをリリース

98,340円(税込) 3ヵ月
WebExpertコース HTML,CSS,JavaScript/WebサービスをWeb上に公開 131,340円(税込) 3ヵ月
VideoEdiorコース PremierePro /

You Tubeに動画をアップする

83,160円(税込) 2ヶ月
UI/UXコース Figma/

制作物のプレゼンシートをポートフォリオサイトに投稿

83,160円(税込) 2ヶ月
AIコース Python/

自然言語処理や音声認識などを用いたWebアプリに実装

131,340円(税込) 3ヵ月
Pythonコース Python/

Pythonの基礎を徹底マスターし、AI学習等に繋げる

43,780円(税込) 1か月
新規事業立案コース 新規事業を立案 41,580円(税込) 1か月

尚、入会金については無料です。

解約・返金・キャンセルについて

GeekSalonは、入会申し込みをした日から起算して、8日以内はクーリング・オフ制度を利用してキャンセルすることができます。

入会申し込みが完了した日から9日以降でのキャンセルは違約金が発生します。

GeekSalonの公式サイトはこちら⇨

GeekSalon に登録する方法・流れを紹介

まずは GeekSalonの公式サイトを見て、気になるコースがあるかどうか確認していきましょう。

もし、自分が学びたい言語やアプリ開発などやってみたいという気持ちがあれば、まずは無料説明会に申込みをするという流れがおすすめです。

無料説明会でどんな人がメンターでいるのか、コミュニティの雰囲気、どんな事が学べるのかをしっかりと理解することが重要といえるでしょう。

GeekSalon の運営会社情報

GeekSalonは、株式会社Scoville(スコヴィル)という東京都渋谷区に拠点を構える会社が運営しています。

GeekSalonの会社概要を表にまとめました。

GeekSalonの会社概要

GeekSalonの詳細情報は以下の通りです。

サービス名称 GeekSalon
事業者名称 株式会社Scoville
代表者名 出谷 昌裕
所在地 東京都渋谷区恵比寿南3丁目3-8鳥山恵比寿ビル1F
URL https://geek-salon.com/

まとめ

今回は、GeekSalonの評判や口コミをまとめて、メリット・デメリットを解説してみました。

GeekSalonは、大学生・大学院生限定のプログラミングスクールとして、非常に質の高い学習ができるコミュニティを言えるでしょう。

その理由は、実際に通っていた受講生の評判や口コミが良く、悪い評判がほとんどないところにあります。

“メンターが親身になって教えてくれる”、”仲間がいたから頑張れる”といったように受講生にとってとてもいい経験のできるスクールということがわかります。

この記事を読んで、あなたがプログラミングスクールを検討する際に役立ててください。

GeekSalonの公式サイトはこちら⇨