派遣で働いている方の中にも、ハラスメントや激務などからすぐにでも退職したい方は多いですよね。

会社からは何かと理由を付けられて退職を拒まれることがありますが、本来会社は従業員の退職を拒否することはできません。

それでも会社が強引な場合は退職代行サービスを使って即日辞めることをおすすめします。

個人と会社の間に業者を挟んで退職できる退職代行ですが、派遣でも使えるのでしょうか?

派遣社員にも登録型派遣と常用型派遣があり、形態によって使える退職代行が異なります。

ここでは人事歴9年のプロが派遣社員でも退職代行を使いすぐに辞められるように徹底解説いたします。

ぜひ参考にしてみてください。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「辞めるんです」・・・24時間対応で即日辞めたい人におすすめ。退職率100%&7,000件実績があり、後払いにも対応している。27,000円(税込)

  2. 「退職代行Jobs」・・・弁護士よりも安価に未払い給与の請求や有給消化も交渉して欲しい人におすすめ。合同労働組合ユニオンジャパンと提携。退職代行27,000円+2,000円(※労働組合費)

  3. 「弁護士法人みやび・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求もあわせてサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金

注意!登録型派遣と常用型派遣で使える退職代行が異なります

派遣社員には大きく登録型派遣と常用型派遣があります。

常用型派遣は派遣先での就業期間が終わっても雇用関係が継続する形態です。

あくまで派遣会社の社員として派遣先に常駐することになります。

正社員型派遣と呼ばれることもありますが、無期雇用となり、雇用が安定することはメリットでしょう。

一方で登録型派遣は派遣先での就業期間中のみ雇用関係が発生する形態です。

派遣期間と雇用期間が同じで、有期雇用となります。

仕事から仕事へと常に働くライフスタイルではなく、季節的に働き、仕事以外のことにもまとまった時間を使いたい方に向いているでしょう。

常用型派遣(無期雇用)は多くの退職代行が使える

常用型派遣は多くの退職代行が使える

退職代行については、無期雇用となる常用型派遣であれば多くの業者が使えます。

通常の正社員と変わりなく、期間の定めが無いため会社は退職を拒否できません。

登録型派遣(有期雇用)が使える退職代行は限られる

登録型派遣(有期雇用)が使える退職代行は限られる

登録型派遣については有期雇用であるため、無期雇用の社員よりは退職が難しくなるでしょう。

しかし登録型派遣でも使える退職代行サービスはあるため安心してください。

派遣社員でも有給休暇や残業代は必ずもらえる

派遣社員でも有給休暇や残業代は必ずもらえる

同一賃金同一労働の議論が盛んになっていますが、同じ仕事をしていても派遣の方と社員の方で給料が大きく異なることはありますよね。

一方で派遣の方の自由度がメリットとなることもありますが、有給休暇と残業代については派遣だからもらえないということはあり得ません。

労働法によって有給休暇の日数と時間外労働の割増については厳密に決められており、派遣会社の規定が下回る場合は無効となります(強行法規)。

ご自身の有給休暇と残業代が適切に付与されているかしっかりと確認した上で退職代行を使うことをおすすめします。

退職代行の料金をはるかに超えてお金が回収できる可能性がありますよね。

派遣で退職代行を使ってみた人の体験談・口コミ・評判を紹介

続いて、実際に派遣で退職代行をつかった経験のある人の声を、リアルな声が飛び交うツイッターから紹介していきます。

随時追記していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

派遣で退職代行を利用した人の体験談①

派遣で退職代行を利用した人の体験談②

派遣で退職代行を利用した人の体験談③

派遣で退職代行を利用した人の体験談④

派遣で退職代行を利用した人も多数いるようで、利用を後悔しているような人の声は見つかりませんでした。

退職の意向を伝えづらい場合や、意思を伝えたにもかかわらず拒否されてしまった場合などは、活用しても問題は無いでしょう。

登録型派遣(有期雇用)でも使える退職代行5選

ここでは登録型派遣(有期雇用)でも使える退職代行をご紹介します。

常用型派遣(無期雇用)の方でも使えるため、派遣社員の誰でも利用できるサービスと言えるでしょう。

登録型派遣(有期雇用)でも使える退職代行サービス1.辞めるんです(即日退職可)

相談可否 回数無制限
料金 27,000円(完全成果報酬)
オプション 有給サポート
退職までの日数 即日退職
顧問弁護士 不明
実績 7,000件
退職率 100%

派遣で仕事を辞めたい方には辞めるんですという退職代行サービスがおすすめです。

相談は回数無制限でできますので、友達や会社関係者にはできないような話も聞いてもらいながら、退職することができるでしょう。

料金は27,000円と他社より安い水準ですし、業界初の完全後払いとなっています。

退職をしてから料金を支払えばよく、さらにクレジットカードを使うことで、先払いの代行サービスと比べて2か月以上支払いを遅らせることができますよね。

資金面でもメリットが大きいことに加えて、有給取得サポートのオプションがつき、即日退職、7,000件という豊富な実績、退職成功率100%と、総合的に欠点がなく派遣でもおすすめできる退職代行サービスと言えます。

辞めるんですの運営会社概要

商号 LENIS Entertainment株式会社
代表者 早川大騎
事業内容 IT事業、広告事業
所在地 東京都新宿区高田馬場4-18-15第2中村ビル

登録型派遣(有期雇用)でも使える退職代行サービス2.退職代行ニコイチ(即日退職可)

相談可否 回数無制限
料金 27,000円(退職できなければ返金保証)
オプション 有給消化、2か月アフターフォロー
退職までの日数 即日可能
顧問弁護士 不明
実績 29,000人以上
退職率 100%

退職代行ニコイチは創業15年の実績ある退職代行サービスで、派遣社員やバイトでも利用することができます。

29,000人以上という実績は業界トップレベルで、退職率も100%と間違いありません。

料金も27,000円と安く、万が一にでも退職できなければ返金保証まで付いています。

確実に辞めたい派遣の方にぜひおすすめです。

退職代行ニコイチの運営会社概要

会社名 株式会ニコイチ社
創業 2004年
退職代行店舗名 退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチの公式サイトを見る

登録型派遣(有期雇用)でも使える退職代行サービス3.退職代行ガーディアン(即日退職可)

相談可否 可能
料金 29,800円
退職までの日数 即日
顧問弁護士 労働組合
退職率 100%

派遣の仕事を辞めたい方で、もし未払い残業代がある方などは、退職代行ガーディアンがおすすめです。

一般法人ではなく労働組合法人が運営をしていますので、派遣でも団体交渉権を使って交渉ができる非常に大きなメリットがあります。

この交渉は通常の退職代行業者では非弁行為となるためできない可能性が高いですが、未払い残業代などの賃金を交渉によって回収できれば数十万円という金額が戻ってくるケースもあるため、派遣でも人によっては間違いなくおすすめする特徴ですよね。

労働組合は弁護士と違って割高にはなりませんので、料金面でも全く問題のない、総合的に非常におすすめできる退職代行サービスとなります。

退職代行ガーディアンの運営会社概要

会社名 東京労働経済組合 (略称:TRK)
所在地 〒114-0002
東京都北区王子4-24-11 IKビル501
連絡先 TEL :03-6903-3278
FAX :03-6903-3279
代表取締役 長谷川 義人
設立 1999年9月27日
法人番号 8011305000569

退職代行ガーディアンの公式サイトを見る

登録型派遣(有期雇用)でも使える退職代行サービス4.退職代行SARABA(即日退職可)

相談可否 回数無制限
料金 25,000円(税込)(退職できなければ返金保証)
オプション

交渉可能(未払い給与、残業代、退職日の調整)

無料転職サポート

退職までの日数 即日可能
顧問弁護士 労働組合
実績 6000件

退職代行SARABAは派遣社員でも使える退職代行サービスです。

労働組合が運営しており団体交渉権が使えるため、未払い給与、残業代、退職日の調整など交渉まで可能です。

一般法人の退職代行では非弁行為となってしまう交渉までできる点は心強いですよね。

料金は25,000円(税込)と安い水準で、退職できなければ返金保証まで付いています。

総合的にとてもおすすめできる退職代行と言えます。

退職代行SARABAの運営会社概要

会社名 株式会社スムリエ
代表 上谷美幸樹
所在地 〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神3丁目10-32 ロゼ天神303
電話番号 0120-987-776
労働組合名 退職代行SARABAユニオン
執行委員長 岡本大輝

退職代行SARABAの公式サイトを見る

登録型派遣(有期雇用)でも使える退職代行サービス5.わたしNEXT(即日退職可)

相談可否 可能
料金

29,800円(全額保証)

19,800円(アルバイト・パート)

オプション 転職お祝い金最大5万円
退職までの日数 即日
顧問弁護士 合同労働組合
実績 創業15年
退職率 100%

わたしNEXTは業界初の「ヤメホー」という退職代行サブスクサービスを始めました。

月額3300円で年に2回まで退職代行サービスが使えます。

合同労働組合が運営していて実績もあり、パートやアルバイトならば19,800円ととても安い値段になります。

退職代行を使いたい女性の方におすすめできるでしょう。

わたしNEXTの公式サイトを見る

まとめ

派遣社員には登録型派遣と常用型派遣の2つの形態があります。

無期雇用の常用型派遣は正社員と同じく多くの退職代行が使えますが、有期雇用となる登録型派遣は使える退職代行が限られます。

それでも利用できて、かつ実績も十分な退職代行サービスのみをご紹介しましたので参考にしてもらえれば幸いです。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「辞めるんです」・・・24時間対応で即日辞めたい人におすすめ。退職率100%&7,000件実績があり、後払いにも対応している。27,000円(税込)

  2. 「退職代行Jobs」・・・弁護士よりも安価に未払い給与の請求や有給消化も交渉して欲しい人におすすめ。合同労働組合ユニオンジャパンと提携。退職代行27,000円+2,000円(※労働組合費)

  3. 「弁護士法人みやび・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求もあわせてサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金