退職と同時に転職先が決まっている人は心配要りませんが、退職はしたいけれど転職先が決まっていない人や、病気などもありしばらく働けない人はお金が不安ですよね。

元気だとしてもすぐには働かず少し自由な時間が欲しい人の気持ちも分かります。

退職した時に失業保険がもらえる可能性はある程度知られていますが、失業保険だけですと3か月程度しか受け取れませんし、実は他にもお金を受け取れる仕組みがたくさんあることを知っている方は少ないでしょう。

退職に伴い最大で28か月間お金が受け取れる社会給付金を受け取るためのサポートサービス「退職コンシェルジュ」というサービスがあります。

今回は、「退職コンシェルジュ」について、本当に信頼できるおすすめのサービスなのか、人事歴9年の筆者が徹底調査しました。

ぜひ参考にしてみてください。

退職コンシェルジュの公式サイトを見る

退職コンシェルジュにLINEで相談してみる

退職コンシェルジュとは?サービスの概要を解説

 

退職コンシェルジュとは、退職する人が個々の状況に合わせて社会保険給付金を受け取れるように、申請などをサポートしてくれるサービスです。

失業保険だけでも自己都合退職か会社都合退職かで給付条件や内容が変わってきますが、他の社会保険を併用することで最大限に給付金を受け取れるように支援してくれます。

社会保険を熟知した専門サービスと言えるでしょう。

退職コンシェルジュの評判・口コミを紹介

続いて、退職コンシェルジュを利用した人の口コミや評判について紹介をしていきます。

退職コンシェルジュのネット上の評判・口コミ

私は外資系の会社で営業を担当していました。

仕事を通じてかなり精神的にもストレスを感じていて、体も不調を感じることがありました。

退職コンシェルジュの存在を知人伝いで知って、すぐに転職しなくても、給付金を受け取りながら生活できることを知ったんです。

半年で100万円以上の給付金を受給していて、ゆっくり体を休める期間を取れたので本当に感謝しています。

退職コンシェルジュのTwitterの評判・口コミ

ネット上の口コミを一部紹介しましたが、実際に利用した人の多くはポジティブなコメントが多く見受けられました。

退職後に利用できる給付金や保険などを総合的にサポートしてもらえますし、受け取った金額の中から利用料を支払えるのも嬉しいですよね。

退職を検討している人の中で、退職後の生活などに悩んでいる人にはおすすめできるサービスといえます。

退職コンシェルジュの公式サイトを見る

退職コンシェルジュにLINEで相談してみる

退職コンシェルジュを利用すれば最大28か月給付金がもらえるのは本当?

失業保険だけの場合、年齢や社会保険の加入年数にもよりますが、一般的に3か月程度しかお金を受け取れません。

一方他の社会保険を合わせることで、人によっては働かなくても最大で28か月間もお金が入ってくることは事実と言えます。

具体的に28か月間お金を受け取る場合は、例えば雇用保険給付金(月収の6割)を18か月分受け取り、その後社会保険給付金(月収の65%ほど)を10か月受け取るケースなどがあるでしょう。

このように1つではなく複数の社会保険を組み合わせる仕組みです。

退職コンシェルジュの公式サイトを見る

退職コンシェルジュにLINEで相談してみる

退職コンシェルジュのサービス内容を人事歴9年が徹底調査

退職コンシェルジュのサービス内容を人事歴9年のプロが徹底調査いたします。

ぜひ参考にしてみてください。

退職コンシェルジュを使わなかった場合でも給付金などの申請はできるの?

退職コンシェルジュを使わなくても給付金などの申請はできる?

退職コンシェルジュを使わなかった場合でも、最大で28か月分給付金を受け取ることは可能ではあります。

例えば失業保険だけならば自分でも申請できるでしょう。

ただしその失業保険だとしても自己都合退職の場合は3か月以上受け取れない可能性がありますし、社会保険を最大限利用するためには専門知識と相当な手間が必要だと言えます。

どのような症状や条件ならば何が申請できるかなど、全てを網羅している方はまずいませんよね。

実際に筆者も人事歴9年ですが、企業ですら社労士を使うケースがあります。

時間や労力もコストと考えると、プロに頼むこともおすすめできます。

退職コンシェルジュを使うリスクはある?

退職コンシェルジュを使うリスクはある?

退職コンシェルジュは今までトラブルがないとしていますし、受け取れる金額の約1015%が手数料の目安ですので、手付金以外にリスクはないと言えます。

もちろん社会保険の申請に際してサポートを受けることは問題ありません。

退職コンシェルジュを使う際の4つの条件

退職コンシェルジュを使う際の4つの条件

退職コンシェルジュを使うには4つ条件があります。

  • 年齢が20歳~54歳
  • 社会保険に1年以上加入している
  • 退職日が本日から2週間以上、3ヶ月未満
  • 転職先が決まっていない

上記の条件が合う方は退職コンシェルジュを使うことができます。

不明な点がある方は無料のWEB説明会と個別相談でぜひ聞いてみてください。

退職コンシェルジュの手数料・費用は、受け取った給付金の10~15%

手数料・費用は受け取った給付金の10~15%

退職コンシェルジュの手数料は実際に受け取った給付金の10-15%としています。

またサービスを利用したにも関わらず、万が一にでも受給できなかった場合は全額返金保証もあります。

退職コンシェルジュは3年半で1,100人のサポート実績がある

退職コンシェルジュは3年半で1,100人のサポート実績

退職コンシェルジュは3年半で1,100人をサポートした実績がすでにあります。

顧客満足度は98%としていて、今までトラブルはないそうです。

すでに豊富な実績があるため、サービス内容を不安になる必要はないでしょう。

退職コンシェルジュの公式サイトを見る

退職コンシェルジュにLINEで相談してみる

退職コンシェルジュを使わないで社会保険給付金を取得する4つの関門

退職コンシェルジュを使わなくても社会保険給付金を受け取ることは可能ではあります。

失業保険だけならば一人で申請し切った方もいるかもしれません。

しかし退職コンシェルジュを使わない場合、社会保険給付金を受け取るまでに以下の4つの関門があると言えるでしょう。

  1. 社会保険給付金の申請方法を自分で調べる
  2. 会社に拒否される(会社は退職する人の面倒は見ない)
  3. 病院に拒否される(意志は給付金を取らせることが仕事ではない)
  4. 保険組合に拒否される(受け取れない理由だけ伝えられる)

詳しく説明していきます。

退職コンシェルジュを使わないで社会保険給付金を取得する関門1.社会保険給付金の申請方法を自分で調べる

退職コンシェルジュを使わない場合、失業保険や傷病手当金といった社会保険からもらえるお金を自分で調べ、自分の状況に合うものを選び、何より自分で申請方法を調べる必要があります。

ただでさえ退職や病気に伴って大変な状況で、期限に間に合うようにかつ網羅的に申請方法を調べ上げることは非常に大変ですよね。

ネットの情報だけで完璧に揃えることは難しく、電話や足を運ぶことなども発生するでしょう。

退職コンシェルジュを使わないで社会保険給付金を取得する関門2.会社に拒否される(会社は退職する人の面倒は見ない)

会社の人事に必要書類などを確認する方もいますが、会社はあなたの給付金取得をサポートする場所ではありませんし、退職が見えているのならばもう面倒は見ませんよね。

筆者は人事歴が長いですが、辞める人の個人的な面倒を見るよりもやらなければならないことは無数にありますし、辞める会社に頼るというのはお門違いとも言えるでしょう。

退職コンシェルジュを使わないで社会保険給付金を取得する関門3.病院に拒否される(医師は給付金を取らせることが仕事ではない)

病院側にサポートをお願いしたとしても、極めて忙しい医師に依頼することはできませんし、医師の仕事は病気を見ることです。

自分一人で理解し切ることは難しく、医師に診断書の発行などを依頼しても対応できないことが多いでしょう。

退職コンシェルジュを使わないで社会保険給付金を取得する関門4.保険組合に拒否される(受け取れない理由だけ伝えられる)

保険組合でよくある話ですが、保険組合は支給するための場所ではなく、支給できない理由を述べるだけになってしまいがちです。

保険組合に保険を受給できるようサポートするサービスは含まれていないと言えますよね。

このように一人だけで社会保険給付金を取得するためには、自分で調べ上げて、会社も、医師も、保険組合も拒否されながらも申請準備を完了させる必要があります。

時間と労力を大量にかけた結果諦めるという最悪のケースになるリスクもありますので、初めからサポートのプロである退職コンシェルジュを使うことも間違いなくおすすめできるでしょう。

退職コンシェルジュの公式サイトを見る

退職コンシェルジュにLINEで相談してみる

退職コンシェルジュはWEB説明会への参加が必須です!

退職コンシェルジュは、実際にサービスに参加する前に、説明会の参加が必要です。

説明会といっても、オンラインで実施されているものなので、自宅からでも受講可能です。

具体的なセミナーの内容としては、

  • 会社概要
  • 退職後の給付金制度について
  • サポート内容・料金について

といったものになっています。

時間としては1時間程度、スマートフォンでも参加できるのと、対話形式ではなく一方的に話を聞く形なのでリラックスして視聴できます。

説明会の視聴にともなって、ZOOMアプリのダウンロードが必要になるので、注意をしてください。

退職コンシェルジュの運営会社情報

退職コンシェルジュはCREED BANK株式会社が運営している社会保険給付金サポートサービスです。

設立から4年以上経っている会社ですし、退職コンシェルジュだけではなく通信や不動産、Web事業も手掛けている企業です。

弁護士と社会保険労務士を顧問にしていますし、会社の信頼性についても問題ないでしょう。

CREED BANK株式会社の会社概要

会社名 CREED BANK株式会社
設立 2016年9月2日
代表者名 磯田 幸四郎
社員数 15名(2020年2月1日現在)
資本金 35,000,000円(資本準備金含む)
所在地 〒171-0021
東京都豊島区西池袋5-14-8 東海池袋ビル8階EAST
登録・許可・免許 《宅地建物取引業者免許番号》東京都知事(1)第101693号
《有料職業紹介事業許可番号》13-ユ-309378
《プライバシーマーク付与事業者登録番号》第10862685(01)号
事業内容

·        人材事業

有料職業紹介 / 退職コンシェルジュ

·        通信事業

法人携帯 / Pocket Wi-Fi

·        不動産事業

投資用マンション / 住居用賃貸

·        クリエイティブ事業部

グラフィック / WEB制作 / 動画制作

顧問弁護士 弁護士法人V-spirits法律事務所
顧問社会保険労務士 社会保険労務士事務所タスクフォース

まとめ

退職に伴い受け取れる社会保険の給付金は、失業保険の他にもたくさん種類が存在します。

人によって受け取れる種類や条件、内容が異なるため、しっかりと調べることが重要ですよね。

社会保険を最大限に活用することで2年以上も働かずにお金を受け取れることは可能ですが、個人で達成するには相当な知識と労力が必要でしょう。

退職コンシェルジュという給付金サポートは、人事歴の長い筆者から見てもおすすめのサービスと言えます。

退職を考えている方は先ずはぜひ無料で相談してみてはいかがでしょうか。

退職コンシェルジュの公式サイトを見る

退職コンシェルジュにLINEで相談してみる

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「辞めるんです」・・・24時間対応で即日辞めたい人におすすめ。退職率100%&7,000件実績があり、後払いにも対応している。27,000円(税込)

  2. 「退職代行Jobs」・・・弁護士よりも安価に未払い給与の請求や有給消化も交渉して欲しい人におすすめ。合同労働組合ユニオンジャパンと提携。退職代行27,000円+2,000円(※労働組合費)

  3. 「弁護士法人みやび・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求もあわせてサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金