組織の中で立場の強い人間が弱い人間を苦しめるハラスメント。

会社でもハラスメントが横行しているのが現実ですが、その中でも上司によるパワハラが一番の問題と言えます。

上司によるパワハラは単に部下が苦しむだけではなく、部下をうつ病に追い込んで働けなくするほど危険なものなのです。

ここではパワハラで苦しむ方に人事歴9年がやってはいけないことと解決策をお伝えいたします。

ぜひ参考にしてみてください。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「退職代行Jobs」・・・労働組合と連携していて会社との交渉もサポートして欲しい人におすすめ。退職完了まで期間無制限でフォローしてくれる。27,000円+2,000円(※労働組合費)

  2. 「弁護士法人みやび」・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求までサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金

上司のパワハラが退職の1番の理由

退職の一番の理由は実は上司というデータがあります。

お給料や他にやりたいことが見つかった転職が一番の理由ではありません。

退職の理由や、病気になって働けなくなる原因も上司が一番であり、パワハラ上司に当てってしまった場合は会社員として最も危ない状況と言えるでしょう。

上司のパワハラに対してやってはいけないこと

パワハラ上司を許せない気持ちは身に染みて分かります。

しかしいくらパワハラ上司だとしてもやってはいけないことがあります。

これをしてしまうとパワハラ上司に仕返しするどころか、あなたがさらに窮地に追い込まれるリスクすら高いでしょう。

上司のパワハラに対してやってはいけないこと1.上司と戦う(絶対に勝てない)

ドラマなどでは上司とかっこよく戦うシーンがあるかもしれませんが、現実では絶対におすすめいたしません。

上司がどれだけひどくても、会社というのは上司には勝てないようにできています。

あなたの評価を決めるのは上司ですし、あなたの行為や印象も上司を通して上に伝わるためです。

上司と戦ったことによってさらにひどいパワハラを受けて追い込まれてしまうリスクがあります。

上司のパワハラに対してやってはいけないこと2.業務を放棄する

パワハラ上司を許せないため、業務を放棄してしまう方もいます。

これはどれだけ上司がひどかったとしても、業務を放棄したあなたが100%悪く、最悪の場合損害が出た時などはあなたの責任となってしまいます。

サラリーマンはお給料をもらい組織から指示された仕事を行うわけですから、上司の指示は会社の指示にもなるわけです。

業務を放棄したい気持ちも分かりますがこれも完全にあなたの非になってしまうでしょう。

上司のパワハラに対してやってはいけないこと3.諦めて耐える

諦めてパワハラ上司に耐えるだけという選択も一切おすすめいたしません。

仕事は人生の大部分を占めるため、仕事を諦めることは人生を諦めることとも言えます。

また頭では諦めたつもりになっていても、体は拒否反応を示し続けて、ある日突然うつ病になってしまうリスクすらあります。

うつ病になった場合は長期で働けなくなってしまい、人材価値は急落するため、文字通りパワハラ上司のせいで一生を台無しにしてしまう恐れすらあると言えます。

絶対にあきらめて思考停止になることはやめましょう。

上司のパワハラ2つの解決策

上司のパワハラに対して解決策はないのかお伝えいたします。

上司のパワハラに対する解決策1.社内異動を申請する

大きな企業ならば社内異動は解決策になるかもしれません。

社内転職制度がある会社も増えてきました。

ただし実際はあまりおすすめできない点もあります。

あなたが社内異動に応募したことは当然上司も分かるため、更なるパワハラや妨害にでる可能性も高いです。

また異動先はあなたの評価を見られるため、パワハラ上司がつけたひどい評価によって受け入れを辞めることも多々あります。

異動できたとしても上記の理由によって同期より出世が大きく遅れることもあるのです。

社内異動では実は厳しい現実はあまり変わらないと言えるでしょう。

上司のパワハラに対する解決策2.会社を変える

パワハラ上司に当てってしまったら会社を変えることがほぼ唯一の解決策と言えます。

残念な部分もありますが、パワハラに耐えようとして体を壊してしまい、人生を棒に振るよりもはるかにましな選択肢です。

それどころか日本でも一度も転職をしたことがない人材の価値はどんどん低くなるため、転職を前向きに考えるきっかけにすらなるでしょう。

パワハラ上司によって人生を壊されてしまう前にぜひ検討してみてください。

パワハラ上司から即日で退職できる退職代行サービスもおすすめ

パワハラ上司と縁を切り新しい環境で人生をやり直すことを強くおすすめしますが、せっかく決意してもパワハラ上司に邪魔をされる可能性があります。

パワハラ上司だからこそ嫌がらせや引き留め、さらなるパワハラの増加をしてくるかもしれませんよね。

その場合は退職代行サービスを使って即日でも会社を辞めることが可能です。

プロの業者を間に挟むため、あなたは二度と出社することなく、会社を確実に辞めることができます。

パワハラ上司から即日で退職できるおすすめ退職代行サービス1.退職代行Jobs

相談可否 退職代行利用者への無料カウンセリング特典
料金 29,800円(後払い相談で可能)
オプション 無料カウンセリング
顧問弁護士 第二東京弁護士会所属弁護士 西前啓子

パワハラ上司から即日にでも退職したい方には、退職代行Jobsもおすすめできます。

総合的に優れた退職代行サービスで確実に退職できるはずですし、一番の特徴はカウンセリング特典付きという珍しい退職代行サービスとなっています。

パワハラ上司によって疲弊してしまっていても、退職代行の料金だけでカウンセリングまで受けられます。

また退職代行Jobsには顧問弁護士が付いているため、非弁行為の心配も要りませんし、何の問題もなく辞められるでしょう。

料金については、退職代行Jobsと相談をすれば後払いにできる可能性があるとしているため、支払いを結果的に1か月以上遅らせられる点も有難いですよね。

正社員はもちろん、契約社員やパート、アルバイトと全ての方が利用できますし、総合的にもおすすめのサービスです。

退職代行Jobsの運営会社概要
商号 株式会社アレス
顧問弁護士 第二東京弁護士会所属弁護士 西前啓子
所在地 〒533-0006
大阪市東淀川区上新庄3-14-12-1202

退職代行Jobsの公式サイトを見る

パワハラ上司から即日で退職できるおすすめ退職代行サービス2.弁護士法人みやび

相談料 無料
料金 55,000円
オプション

残業代、退職金、未払い給与などの請求と交渉可

費用は回収額の20%

退職までの日数 即日
顧問弁護士 弁護士法人みやび

パワハラ上司から即日にでも退職したい方で、最も強い退職代行を頼みたい方は弁護士法人みやびがおすすめです。

弁護士法人みやびについては厳密には退職代行業者ではなく、弁護士法人に退職代行を依頼する形となるため、料金は55,000円と一般の退職代行業者より高くなります。

そのため退職代行だけが希望の人には向かないでしょう。

一方で弁護士法人ですので、パワハラを行うような悪質な企業に対しても、未払い賃金の交渉や請求まで可能となります。

パワハラによってただ辞めるだけでは気が済まないという方は、弁護士を使ってこのように戦うことも可能となりますし、本当に悪質なパワハラなどには慰謝料請求の相談も可能です。

未払い賃金を回収できた場合は退職代行費用などはるかに超えてお金が増える可能性がありますし、さらにパワハラの慰謝料ならば数十万円から百万円以上にまでなるかもしれません。

もちろん仮に企業側が何かを言ってきてもめたとしても、弁護士ですから何一つ問題ないでしょう。

パワハラの悪質さから考えて弁護士を立てたいという方にぜひおすすめです。

弁護士法人みやびの運営会社概要
商号 弁護士法人みやび
代表者 所長 佐藤 秀樹(弁護士)
事業内容 企業法務全般
訴訟等の裁判業務
顧問業務
コンサルティングなどの相談業務
一般民事事件などの個人向け業務
所在地 〒104-0061 東京都中央区銀座7-13-8 第二丸高ビル4階

弁護士法人みやびの公式サイトを見る

まとめ

パワハラ上司からは今すぐ逃げるべきです。

上司と戦うことや業務を放棄することはサラリーマンである以上不可能です。

また頭では耐えるという選択肢を取ったとしても、体は耐えられずある日突然うつ病になるケースも後を絶たないですよね。

社内異動は長期的にはあまりおすすめできる解決策ではないので、退職代行を使って今すぐ新しい人生を再スタートさせることも検討すべきと言えるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

人事のプロが選ぶ退職代行
  1. 「退職代行Jobs」・・・労働組合と連携していて会社との交渉もサポートして欲しい人におすすめ。退職完了まで期間無制限でフォローしてくれる。27,000円+2,000円(※労働組合費)

  2. 「弁護士法人みやび」・・・弁護士法人が運営。有給取得や未払い給与の対応、退職金や残業代の請求、損害賠償請求までサポートして欲しい人におすすめ。55,000円(税込)※着手金